ようこそ宮ザキ園のサイトへ


オンラインショップ

愛知県岡崎市旧額田町宮崎地区に位置する宮ザキ園は,自ら茶園でお茶の栽培,日本茶,わ紅茶の加工・製造・販売を国内外向けに行っております。産地問屋として,茶農家として,宮ザキ園はお茶のある暮らしにこだわり,数々の挑戦をしてまいりました。なかでも2011(平成23)年に農林水産大臣から6次産業化の事業認定を受けた「わ紅茶」の加工・販売の取り組みは各所から注目され,お茶の新しいカテゴリをつくりだしつつあります。

宮ザキ園の歴史

宮崎地区の茶産業

宮ザキ園が位置する愛知県岡崎市宮崎地区では,400年程前から山々や清流に囲まれた豊かな自然環境のなかで,湧き水を使ったお茶の栽培が行われてきました。この地区は,室町時代からすでに栄え,地区内には室町幕府三代将軍の足利義満によって建てられた天恩寺など,室町時代の寺社が残っています。

宮崎地区の界隈は、農民や武士の健康維持のために,お茶の栽培を徳川家康公が奨励しており,当時,米の代わりにお茶を年貢として納めていました。長く,信仰の対象となってきた本宮山の麓にあり,林業とならんでお茶の生産が地区の産業を担ってきました。明治から昭和にかけては,宮崎地区のお茶は全国の三大銘茶として重んじられてきました。

宮崎園の創業

そうした中,宮ザキ園は,産地に位置し,自ら茶の栽培,加工,卸売販売を行なう「産地問屋」として歴史を繋いできました。宮ザキ園の創業は,江戸時代後期,1820年代(文政年間)と伝えられています。初代園主は梅村喜六,二代目梅村㽵次郎,以降,四代目梅村秋治,五代目梅村芳正と代を重ね,現在は,6代目梅村篤志が運営に携わっております。

梅村篤志は,初代の喜六が創業した頃と変わらぬ味と香り,和の心,伝統,文化を守るべく,「自然のままに」をコンセプトにお茶の栽培・加工・販売を続けてきました。15年程前には、県内では一番最初にお茶の無農薬,有機栽培の認定を受けるなど,味や香りのみならず,体に優しく,安心して飲めるお茶の栽培・加工・供給にこだわり続けております。

6代目 梅村篤志の経歴

代々続いた家業を見て育った篤志は地元愛知県立安城農業高等学校を卒業後,静岡県にある農林水産省管轄の国立茶業試験場(現国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜茶業研究所)を経て,家業を継ぎました。「大量生産できない反面,中山間地域だからこそできることがある。中山間地にある茶産地という強みを活かし,日本はもとより世界で注目が集まっている安心・安全でおいしいお茶を求める声に応えたい。」という思いから,六代目は在来種である本宮山でとれる種子,「本宮」を使って独特のお茶を栽培している他,様々な種類のお茶を,こだわりの手法で栽培してきました。

お茶の栽培・加工をめぐる近年の宮崎茶の変化

高度成長期,農業の機械化が進み,お茶の産地が伝統的な中山間地から平地へと移動していきました。沢筋の谷あいにあったお茶は,昼夜の寒暖の差と霧が発生しやすい条件を備えていましたが,灌漑装置や機械収穫機などは平地のほうが取り回しがよく,山間地にあって平地の少ない宮崎地区と大量生産ができる静岡県や鹿児島県との間では,生産量に格差がついていきました。また,若者が都会に労働力として出ていき,担い手の高齢化が進み,宮崎地区のお茶の事業者数はかなり減ってしまっています。

加えて,近年では,お茶をいれてのまず,ペットボトルいりのものを買って飲むという方が増えています。茶産地や茶農家は,こうしたお茶のペットボトル化,つまり安く大量にそこそこの品質の茶葉を供給するという市場の変化に対応していかなければならなくなりました。これもまた,伝統的な中山間地の茶の栽培には大きなインパクトを与えました。

ここで買えます・楽しめます

宮ザキ園の挑戦

こうした環境変化の中,6代目,篤志は「受け継がれてきた暖簾を自分の代で絶やすのは忍びない。地域全体を盛り上げることができたら」という思いで,様々な挑戦をしてきました。

屋号パッケージデザイン,ビジネスモデルの一新

父の時代まで宮崎園と称していた屋号を,篤志はより新しいイメージの表記,「宮ザキ園」とし,卸売中心だったお茶の販売先をあらため,直売に舵をきりました。パッケージも,ありきたりの緑色のプラスチックフィルム容器から,より宮ザキ園のこだわりである「自然のままに」をダイレクトに表現できるクラフト(紙)容器に変更し,商品の名前も筆文字に改めます。こうして,内外に,新しい茶園を目指すのだという狼煙を上げたのです。

イベント販売風景(2014年)
イベント販売風景(2014年)
香港での販売風景(2015年)
香港での販売風景(2015年)
三河わ紅茶の商標登録(2014年)
三河わ紅茶の商標登録(2014年)

有機農業のJAS認定

自然のままにをうたい,農薬や化学肥料を使わずに栽培したお茶は,JASの制度に則って有機認証を受けなければ,お客様に有機農産物使用とお伝えすることが出来ません。宮ザキ園では,以前から農薬は使わずに栽培していましたが,篤志が運営に携わるようになって,2006(平成18)年,愛知県で初めて,茶の栽培・加工の有機JAS認定を取得しました。

2006有機JAS認証
2006有機JAS認証
宮ザキ園の茶葉
宮ザキ園の茶葉

地元の活性化への思いと取り組み

茶業試験場から実家に戻った篤志は,小中学校の同級生たちがつぎつぎと地元を離れ,都市部で就職していたのを見て,強い危機感を持ちました。宮崎地区は高齢者ばかりとなり,空き家も増え,茶畑も荒れてしまう。そうなっては,自分一人ががんばっても,宮崎地区がなくなってしまう。なんとかしたいという思いから,有名な観光地,「くらがり渓谷」を舞台に若者向けの音楽イベントを企画し,地元を説得して回りました。当初は何色を示していた自治体や施設管理団体関係者,地元有力者らも,イベントが会を重ねるごとに参加者や運営者が増え,賑やかになっていくのを見て,次第に態度を軟化させ,地元活性化のための様々な相談事が,篤志のもとに寄せられるようになりました。また,地域の資源を活用して町を活性化させたいと,NPO法人「インディアンサマー」の設立に参画し,スポーツイベントや福祉活動など,様々な活動に取り組んでいます。

くらがりサウンドフェス

額田を取り上げたミュージカル開催の支援(2015年)

6次産業化とわ紅茶

四代目秋治は,日本から茶葉が世界各地に盛んに輸出された戦前,戦後,紅茶作りにたずさわっていました。また,五代目芳正は,大手農産物・食品商社の一員として,紅茶の貿易担当として世界をとびまわっていました。そして,篤志は,茶業研究所で,紅茶作りを研究していたのです。こうした様々な要因をきっかけに,三河わ紅茶の開発に成功した宮ザキ園は,2011(平成23)年には,自ら栽培したお茶と地元の産品や農産物を活用したハーブティーや紅茶の加工・販売で6次産業化の事業認定を受けました。

総合化(6次産業化)事業認定(2011年)
総合化(6次産業化)事業認定(2011年)
わ紅茶パッケージ(2012年版)
わ紅茶パッケージ(2012年版)
わ紅茶のパンフレット(2014年版)
わ紅茶パンフレット(2014年版)

宮ザキ園と宮ザキ園のお茶の今後

これからも宮ザキ園は,歴史あるお茶「宮崎茶」を次世代につなぐため,本宮山から湧き出る清らかな水を使い,「自然のままに」 をコンセプトに,「手を加えず,手を抜かない」,茶樹の生命力を活かした自然農法で栽培していきます。宮崎茶は毎年の収穫を一番茶のみとし、味や品質の維持・向上に努め,初代園主梅村喜六から伝わり積み重ねてきたお茶作りの知恵と経験を活かし,一つ一つの工程に時間をかけ,丁寧に心のこもった製品に仕上げてまいります。

自然のままに

ここで買えます・楽しめます

上に戻る

この投稿文は次の言語で読めます: ja日本語 enEnglish (英語) zh-hant繁體中文 (繁体中国語)