6次産業化の認定をいただきました

総合化(6次産業化)事業認定(2011年)

宮ザキ園は,本日,農林水産大臣から,総合化事業の事業認定(いわゆる6次産業化の認定)をいただきました!(農林水産省発表のpdfファイル)タイトルは,「岡崎市宮崎地区を中心とした地域の産物を生かした和紅茶とハーブ茶等の開発・生産・販売事業」です!

総合化(6次産業化)事業認定(2011年)
総合化(6次産業化)事業認定(2011年)

6次産業化とは,農林水産業者が自ら栽培・収穫した農林水産物を活用し,新たな商品の開発・販売や新しい販売の仕方(例えば卸売ばかりをしていた事業者が直売をしていく)をする事業計画のうち,一定の条件をクリアしたものを国が認定する制度です(農林水産省の6次産業化のページはこちら)。

宮ザキ園は,これまで緑茶の卸売が主でしたが,しばらく前から,直売の取組みを始めました。また,緑茶のみでなく,ハーブ入りのお茶や,紅茶の加工・販売に取り組んでいます。今回の事業認定も,このハーブ入りのお茶や,紅茶の取り組みについて,認定をいただきました。

これからも,地元の資源を大切に活かしながら,額田・宮崎地区のお茶産業の発展に努めてまいります!

この投稿文は次の言語で読めます: ja日本語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です