4代目が永眠いたしました

祖父が永眠いたしました
宮ザキ園4代目当主 梅村秋治
宮ザキ園4代目当主 梅村秋治

僕の一番の味方であり,カリスマ的存在だった祖父が,本日97歳で天国に旅立っていきました。

4代目当主の祖父,梅村秋治は,この歳になるまで毎日のように畑や工場にでかけ,茶の世話や,ハーブの栽培,茶の加工機械のメンテナンスも手がけ,技術も気配りも至らない僕に代わって,黙々とお茶づくりを手伝ってくれていました。

ここしばらくは,耳も遠くなっていましたが,それでもお客さんと僕との話を補聴器をかけてきいていました。愛読誌は「現代農業」,農業経営の雑誌を毎月,じっくり読んでいました。これからの茶農家は,買っていただく方に体験をしてもらわなくてはダメだと,自らお茶を揉むための台をつくり,お客さんと一緒になってお茶を揉んでくれました。数年前までは元気に外を出歩き,ナタを腰にぶら下げ,ぶらっとお店に入ってきては,お客様をもてなしてくれていました。松茸をとってきては小遣い稼ぎなどもしていました。相場情報が知りたいからiPadを買いたいんだがと相談を受けた時は,僕より進んでいる!とあらためて驚いたものです。

いつも最後まで僕の事を信じて応援してくれた大きな存在だっただけに…この穴を埋めるのに必死です。

また皆様にも何かとご迷惑をおかけするかと思いますが,引き続きよろしくお願いいたします。

略儀ながらオンラインで失礼いたします。

宮ザキ園 6代目当主 梅村篤志

祖父が永眠いたしました
祖父が永眠いたしました

この投稿文は次の言語で読めます: ja日本語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です