有機JAS認証

2017年09月12日,JAS有機加工食品(茶)の認定を受けました。
2017年09月12日,JAS有機加工食品(茶)の認定を受けました。

先日,有機認証についての勉強を報告しましたが,このたび,正式にJAS有機加工食品(お茶)に関する認定をいただきました。認定は,公益社団法人全国愛農会さんにおねがいして行っていただきました。

もともと宮ザキ園は,山の間を抜ける川沿いの道の左右に茶畑が点々とあるという中山間地に立地しています。お茶の大産地である静岡と同様,適度な温度差と湿気がある場所で,江戸時代からお茶の栽培が盛んでした。

しかし,平地や盆地,なだらかな丘陵地帯で大型の機械や設備を導入した大規模なお茶の栽培が盛んになり,そうした産地のお茶との差異化をはかりたいということで,宮ザキ園は,2006年,愛知県で初めてお茶の栽培・加工で有機認証を受けました。ただ,主な出荷先がJAなどへの卸売りであったため,せっかくの認証を活かしきれていないという面もありました。

6次産業化の事業認定の前後,宮ザキ園は自園から消費者や飲食店への直接販売へと大きく舵を切りました。自園の取り組みを直接,消費者に伝えることができ,また,他の大量生産されたお茶と混ざることのない流通過程を確保することで,あらためて,自園の独自性やこだわりを伝えやすくなる環境を整えることができました。

今後,宮ザキ園では,国内のみならず,海外市場販路開拓にも,この有機認証を活かしてまいります。すでに,ニューヨーク香港マレーシアなど,海外市場の販路開拓に着手しており,いずれの国・地域でも,宮ザキ園のお茶の味や香りのみならず,無農薬・有機栽培(Organic)というとりくみについても高く評価されてきました。生産量の拡大や,認知度の向上など,取り組むべきことはまだたくさんありますが,今後も,意欲的に当地岡崎市宮崎地区のお茶産業の振興に取り組んでまいります。

10/22 紅茶フェスティバルに出店します

紅茶フェスティバル in 尾張旭 2017 ポスターお知らせです。宮ザキ園は,10/22 に尾張旭市で開催される紅茶フェスティバル in 尾張旭  に出店いたします。紅茶フェスティバル in 尾張旭 は,紅茶を多角的に楽しめる日本最大級の紅茶イベントだそうです。このフェスティバルでは,世界と日本の紅茶が買える紅茶バザール,紅茶のシンポジウム,紅茶の製茶体験,紅茶セミナー,国産紅茶グランプリなどイベントがたくさん開かれます。

尾張旭市は日本紅茶協会が認定する「おいしい紅茶の店」店舗数が2016年6月現在18店舗,日本一の数だそうで,フェスティバルは尾張旭市観光協会が主催,企画,運営をされています。

宮ザキ園は紅茶バザールに出店します。バザールは,国産紅茶と世界の紅茶が一度に買えるだけでなく,ほとんどの紅茶は試飲して買うことが出来ます。会場入り口で試飲用紙コップを販売している(3個/10円 の予定) とのことですが,マイカップをお持ちいただいてもかまいませんとのこと。また,紅茶のみならず,日本茶や中国茶そしてお菓子や紅茶グッズの販売も予定されているとこのです。

宮ザキ園は,会場のスカイワードあさひ1階,ふれあいホールに出店します。当日は名鉄瀬戸線尾張旭駅から無料シャトルバスが運行される他,駐車場は500台分用意されている(但し,城山公園駐車場を含む)とのこと。

秋の気持ちのよいシーズン,ぜひ国産紅茶,三河わ紅茶をお楽しみください。

 

国産紅茶フェスに多数のご来場ありがとうございました

20170918紅茶フェス会場
20170918紅茶フェス会場です。今回宮ザキ園は正面に見える窓のそばのみはらしのよい場所にお店を出させていただきました。

国産紅茶フェスに多数のご来場,ありがとうございました。昨日は眺望の良い大名古屋ビルヂングの中層で終日,わ紅茶や満月紅茶,のもとさんにつくっていただいた宮ザキ園の抹茶バターケーキの販売でした。会場は名古屋駅の真ん前,「大名古屋ビルヂング」。中層階の一番上の方です。登っていくには通常のオフィス部や2−3階までの飲食街などと異なる専用エレベーターホールからでした。住宅や店舗の展示場となっている会場で,内装・外装・外構までさまざまな店舗が軒をつらねている中,宮ザキ園は入って正面の窓際,すぐ目につく場所にお店を出させていただきました。

20170918紅茶フェスポスター会場には,他の地域の国産紅茶業者さんもいらっしゃり,会場のあちこちでお店を出されていました。九州,四国,中国,関西,中部と,かなりあちこちの県で国産紅茶の取り組みがひろがっています。

20170918紅茶フェス店頭
20170918紅茶フェス店頭その1 今回はわ紅茶(リーフ・ティーバッグ),満月紅茶,抹茶バターケーキの販売です。

今回,宮ザキ園が持ち込ませていただいたのは,わ紅茶(リーフ,ティーバッグ)二種類,満月の夜に摘んだ茶葉でつくった満月紅茶,そして,のもとさんにつくっていただいている抹茶のバターケーキの四種類でした。

さらに,紅茶マイスターの野口さんにもおこしいただき,紅茶の楽しみ方や紅茶のいれかた,世界の紅茶の情報などをお話いただきました。今日伺ったんですが,世界ではドイツが紅茶の消費量が世界一なんですってね。イギリスかロシアかなと思っている方も多いかと思いますが,イギリスのビクトリア朝時代に広まった欧州の紅茶,ビクトリア女王はドイツやロシアにも関係が広がっており,それと連動して紅茶もこうした国々に広まっていったとか。また,当時の紅茶貿易はドイツ経由が多かったとのこと。


20170918紅茶フェス店頭その2
20170918紅茶フェス店頭その2 有機JAS(加工)の認定証も飾ってみました。

今回は,直前に届いた新しい有機JASの認定証も飾らせていただきました。宮ザキ園は,茶葉の栽培・加工とも有機JASの認証を受けております。今回飾らせていただいたのは加工の方で,先日有機認証の勉強に三重県にいったことをこちらでご報告していますが,その勉強の成果としてこの書類を見ると,感慨深いものがあります。もちろん,単に認定証が貰えればそれでよしというのではなく,これからも「自然のままに」という宮ザキ園の理念の下,茶樹の力を最大限引き出すために,ていねいに茶樹の世話をおこない,自分たちの手でじっくりとていねいにお茶に加工する宮ザキ園ならではのお茶づくりを続けてまいります。

【お知らせ】9/18 大名古屋ビルヂングで開催される国産紅茶フェスタに出店します

【お知らせ】宮ザキ園は9/18,大名古屋ビルヂングで開催される国産紅茶フェスタに出店します

来たる2017年9月18日(祝),宮ザキ園は,名古屋市名駅地区にある大名古屋ビルヂング内にあるHDC名古屋で開催される国産紅茶フェスに出店いたします。フェスタは,同ビル内11階を中心に,16日から18日まで開催され,紅茶セミナーやお菓子作り,飲み比べコーナーなどがあります。入場,飲み比べコーナーでの試飲などは無料です(一部予約優先)。

会場は名古屋駅前の大名古屋ビルヂング10・11階のハウジング・デザイン・センター名古屋(HDC名古屋)です。

名古屋市内で宮ザキ園の「わ紅茶」や煎茶などをお楽しみいただける機会ですので,皆様,どうぞおこしください。

宮ザキ園 6代目茶師 梅村 篤志

 

 

保存保存

9月の宮ザキ園の茶畑から見る満月はおぼろ月でした

雲に隠れる満月

天気予報では降雨確率60%の雨予想だったのですが,あけてみたら,満月茶会を予定していた昨日,9月6日の月の出の時刻は雲は広がっているものの,なんとか月が見られる夜でした。

20170906満月
太陽のように明るく輝く満月の月の出

こちらの写真は,宮ザキ園の店舗前の茶畑にある満月茶会ステージから見えた月の出の様子です。撮影した古いカメラの性能や撮影条件の設定のせいもあるのですが,まるで昼間のような明るさがあります。


 茶会は延期してしまいましたが,せっかくの機会なので,満月の明るさや照明の具合など,いろいろと確認していました。照明なしだと,夜の畑は夜目に慣れていない人にはいかに満月の夜で明るいとは言え,さすがに土や石,茶樹などがあって,ちょっとつらそうです。今晩はカにさされたりしてしまいましたし(10月はほとんどいないかとは思いますが…),そこそこ涼しく(場合によっては夜は寒く)なるかもしれませんので,長袖長ズボンというスタイルが良さそう。足元も暗いですし,ヒールなどでは転んでケガをしそうなので,歩きやすい靴でお願いしようと思います。


20170906満月の夜(店の前から月の出を見る) 右の写真は,お店の前から。畑のステージで月の出を確認して,照明をつけて畑に入ったりしてさんざん動き回ってから畑を降りて店の前まで来たら,丁度月の出でした。なにしろ,茶畑のステージの上で月の出を見てから,下っていってお店の前で月の出を確認するまでの間に30分以上たっています。それだけ山が間近にせまり,畑の高低差があるっていうことになります。中山間地の茶畑ならではですね。

いずれにせよ,また期日が近づいたらご案内をいたします。皆様,どうぞお楽しみに。

東MAXさんも参加した満月紅茶茶摘〜月夜編〜

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

2011年の星ヶ丘出店

ちょっと古い写真が出てきました。名古屋の星ヶ丘のイベントに2011年7月に出店していたときの写真です。古いといっても10年はたっていないのですが,その後の宮ザキ園の歩みを考えると,随分前のことだなぁと思います。

これらの写真は,商工会の紹介でパッケージの改善などの相談にのっていただいた6次産業化プランナーの方が訪ねてきてくださったおりに撮っていただいた写真です。6次産業化の認定をとらないかとお誘いをいただいたのがこの時。あいにく篤志は不在でしたが,紘子が話を伺い,その後の6次産業化認定,商品ラインナップの見直し,海外販路開拓などへとつながります。


201107 星ヶ丘にて出店こちらが店頭風景。テーブルにかかっているのれんは当時のお店で使っていたものです。ちらっと見えているパッケージはクラフトパッケージに切り替えた頃のもの。汎用品ではありましたが,「温故知新」という文字が入っていて,宮ザキ園が思っていた,古い伝統あるお茶に新しい視点を取り言えることでお茶の世界を広げたいという思いにあっているね,よく伝わるねといわれて嬉しかったです。あとでこの写真を見せられ,手前のパッケージが寝ているので何を売っているのか伝わりにくいねとか,一緒に出店していた雑貨屋さんがボードに値段を明記しているのに比べて値段がわからないし,パンフレットも字が小さくて遠くからは何がかいてあるかわからないよと,率直な感想と,こうしたらいいんじゃないという工夫のアイディアを教えてもらいました。

宮ザキ園の紹介パンフこちらはこの当時の宮ザキ園のパンフレットです。有機無農薬のお茶を当時からJAS認証を得て栽培・加工・販売していましたが,パンフレットでは額田の自然の豊かさをメインにアピールしていますね。ちょっと有機栽培が広く受け入れられるには早かったかな。今の4代目の写真をメインにしたものと比べると,随分印象が違いますね。


五万石茶・合格茶の記事当時とりくんでいた,五万石茶や合格茶のことをつたえていただいた記事も店頭に掲げておりました。30代前半の篤志は,いろんな道を模索し,地元の事業者さんらとの協力もすすめてきました。どちらの商品もいまはありませんが,こうした試行錯誤を経て,現在の宮ザキ園につながっています。


しこう茶についてこちらは当時,実験的に商品開発を継続していた「しこう茶」。思考,至高,試行,嗜好,指向,いろんな思いをこめてひらがなの名前にし,その後の発売時もこの表記になりました。その後,しばらく製造・販売していましたが,わ紅茶のヒットや原料ハーブの入手の難しさもあり,今は販売していませんが,懐かしい商品です。

【お知らせ】満月茶会を10月6日に順延します

【お知らせ】9月6日開催予定であった満月茶会の順延について

残念ながら,9月6日は天候不順が予想されるため,満月茶会の開催を10月6日に順延いたします。参加をお申し込みいただいた方にはお電話などで順次お知らせしておりますが,行き違いがありましたら申し訳ございません。

10月の満月の宵,皆様をお迎えするため,さらに準備を整えてまいります。

9月4日 宮ザキ園 梅村篤志

雑草との闘い

ようやく朝晩は涼しくなりましたが,日中はまだ少し動くと汗ばみます。宮ザキ園のお茶は無農薬で栽培していますので,春から早秋にかけては草刈りが大切な仕事の一つになります。

こちらの写真は今週開催の満月茶会に向けての準備もあり,茶畑の中で茶樹の畝の中の草を刈る宮ザキ園の大切なスタッフ,Yさん。畑の景色が広がりすぎてもはやウォーリーを探せ状態ですが。

八月の後半は曇りの日が多く,満月紅茶用に摘み取る芽が伸びてくるかと心配したり,台風か一箇所に居座って動かないので,その影響で雨にならないかと心配したりと,自然の動きに一喜一憂しつつも,なるようにしかならない,手だけは抜かないようにと,日々活動しています。

自然といえば,先日,有機認証の勉強で三重県伊賀市にある有機認証の認定機関を訪ねてきました。連休だったので電車を乗り継ぎ,片道三時間弱。青山高原の中にあります。

こちらの敷地には有機農業に取り組んでいる生産者団体や,その産品を流通させる人たちの組織,私立の農業高校などがあります。近鉄が通っているので奈良や大阪に近く,特急で一時間ほどで,関西出身の方も地元にたくさん住んでいらっしゃるとか。

こちらの写真はその農業高校の生徒さんたちが取り組んでいる合鴨農法のカモたち。結構たくさんいますね。

合鴨たちが雑草を食べるのかなとなんとなく思っていたんですが,田んぼの水をかき回してくれることで稲以外の草が生えてくるのを防ぐとか。

先日のニュースで室内掃除ロボットみたいな雑草刈り取りロボットが取り上げられていましたが,宮崎地区のような中山間地域の傾斜のある畑でそういうロボットが活躍してくれるのはまだちょっと先かな。ドローンが茶畑の様子を見て回ったりする方が早いかもしれません。

今週半ばは,おかげさまで定員があっという間に埋まってしまった満月茶会です。せっかく茶畑の中で行う茶会ですので,きていただける皆さんに満足してもらえるよう準備に頑張ります。

保存保存保存保存保存保存保存保存