有機JAS認証

2017年09月12日,JAS有機加工食品(茶)の認定を受けました。
2017年09月12日,JAS有機加工食品(茶)の認定を受けました。

先日,有機認証についての勉強を報告しましたが,このたび,正式にJAS有機加工食品(お茶)に関する認定をいただきました。認定は,公益社団法人全国愛農会さんにおねがいして行っていただきました。

もともと宮ザキ園は,山の間を抜ける川沿いの道の左右に茶畑が点々とあるという中山間地に立地しています。お茶の大産地である静岡と同様,適度な温度差と湿気がある場所で,江戸時代からお茶の栽培が盛んでした。

しかし,平地や盆地,なだらかな丘陵地帯で大型の機械や設備を導入した大規模なお茶の栽培が盛んになり,そうした産地のお茶との差異化をはかりたいということで,宮ザキ園は,2006年,愛知県で初めてお茶の栽培・加工で有機認証を受けました。ただ,主な出荷先がJAなどへの卸売りであったため,せっかくの認証を活かしきれていないという面もありました。

6次産業化の事業認定の前後,宮ザキ園は自園から消費者や飲食店への直接販売へと大きく舵を切りました。自園の取り組みを直接,消費者に伝えることができ,また,他の大量生産されたお茶と混ざることのない流通過程を確保することで,あらためて,自園の独自性やこだわりを伝えやすくなる環境を整えることができました。

今後,宮ザキ園では,国内のみならず,海外市場販路開拓にも,この有機認証を活かしてまいります。すでに,ニューヨーク香港マレーシアなど,海外市場の販路開拓に着手しており,いずれの国・地域でも,宮ザキ園のお茶の味や香りのみならず,無農薬・有機栽培(Organic)というとりくみについても高く評価されてきました。生産量の拡大や,認知度の向上など,取り組むべきことはまだたくさんありますが,今後も,意欲的に当地岡崎市宮崎地区のお茶産業の振興に取り組んでまいります。

この投稿文は次の言語で読めます: ja日本語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です