国産紅茶フェスに多数のご来場ありがとうございました

20170918紅茶フェス店頭
20170918紅茶フェス会場
20170918紅茶フェス会場です。今回宮ザキ園は正面に見える窓のそばのみはらしのよい場所にお店を出させていただきました。

国産紅茶フェスに多数のご来場,ありがとうございました。昨日は眺望の良い大名古屋ビルヂングの中層で終日,わ紅茶や満月紅茶,のもとさんにつくっていただいた宮ザキ園の抹茶バターケーキの販売でした。会場は名古屋駅の真ん前,「大名古屋ビルヂング」。中層階の一番上の方です。登っていくには通常のオフィス部や2−3階までの飲食街などと異なる専用エレベーターホールからでした。住宅や店舗の展示場となっている会場で,内装・外装・外構までさまざまな店舗が軒をつらねている中,宮ザキ園は入って正面の窓際,すぐ目につく場所にお店を出させていただきました。

20170918紅茶フェスポスター会場には,他の地域の国産紅茶業者さんもいらっしゃり,会場のあちこちでお店を出されていました。九州,四国,中国,関西,中部と,かなりあちこちの県で国産紅茶の取り組みがひろがっています。

20170918紅茶フェス店頭
20170918紅茶フェス店頭その1 今回はわ紅茶(リーフ・ティーバッグ),満月紅茶,抹茶バターケーキの販売です。

今回,宮ザキ園が持ち込ませていただいたのは,わ紅茶(リーフ,ティーバッグ)二種類,満月の夜に摘んだ茶葉でつくった満月紅茶,そして,のもとさんにつくっていただいている抹茶のバターケーキの四種類でした。

さらに,紅茶マイスターの野口さんにもおこしいただき,紅茶の楽しみ方や紅茶のいれかた,世界の紅茶の情報などをお話いただきました。今日伺ったんですが,世界ではドイツが紅茶の消費量が世界一なんですってね。イギリスかロシアかなと思っている方も多いかと思いますが,イギリスのビクトリア朝時代に広まった欧州の紅茶,ビクトリア女王はドイツやロシアにも関係が広がっており,それと連動して紅茶もこうした国々に広まっていったとか。また,当時の紅茶貿易はドイツ経由が多かったとのこと。


20170918紅茶フェス店頭その2
20170918紅茶フェス店頭その2 有機JAS(加工)の認定証も飾ってみました。

今回は,直前に届いた新しい有機JASの認定証も飾らせていただきました。宮ザキ園は,茶葉の栽培・加工とも有機JASの認証を受けております。今回飾らせていただいたのは加工の方で,先日有機認証の勉強に三重県にいったことをこちらでご報告していますが,その勉強の成果としてこの書類を見ると,感慨深いものがあります。もちろん,単に認定証が貰えればそれでよしというのではなく,これからも「自然のままに」という宮ザキ園の理念の下,茶樹の力を最大限引き出すために,ていねいに茶樹の世話をおこない,自分たちの手でじっくりとていねいにお茶に加工する宮ザキ園ならではのお茶づくりを続けてまいります。

この投稿文は次の言語で読めます: ja日本語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です