宮ザキ園のお茶作り

茶摘みをする篤志と紘子

 

山里,額田,宮崎

額田 宮崎地区の自然環境と宮崎茶

宮ザキ園の茶畑と背景の山々
宮ザキ園の茶畑と背景の山々

岡崎市旧額田町は,愛知県東部,名古屋市から南東に約45km離れたところに位置しています。町の面積は約160. 27k㎡で, そのうち8割以上が山林,残りは田畑ですが,畑地では茶や花き,園芸作物などが栽培されています。お茶の主産地,旧額田町・宮崎地区は,町に流れる多くの河川によって谷底平野が形成され,地区の集落地や茶畑を囲む山はとても急な斜面になっており,年間を通じて昼夜の寒暖の差が激しい地域です。昼間の気温が30℃を超すような夏の暑い日も,夜は涼しく,また,冬は西からの冷たい風が吹くので,寒い日が多くなります。この温度差や,周囲の山谷,沢の水が濃い霧を生み,日差しを遮り,茶作りに適した自然環境を整えています。お茶の樹は,この霧からの天然の葉面散布で,親葉から養分を吸収します。豊潤なお茶の香りやまろやかな味を引き出す為には,この宮崎の厳しい自然環境が必要不可欠な要素なのです。また,宮崎地区の土質は,茶の味を深みとコクのあるものに育ててくれます。

お寺の多い宮崎地区と宮崎茶

旧額田町には,平安時代につくられた仏像を祀る庚申堂があるほか,宮崎地区には,禅宗を中心に,11ものお寺があります。仏教とお茶は,密接な関係があり,宮崎地区でお茶づくりが栄えたことと,お寺が多いことは,無縁ではありません。

明治・大正時代にかけては,宮崎地区では炭作りが盛んになります。文献では,1戸あたり500kg以上も生産していたとのことで,なかには茶道で使われるような炭も生産されていたのかもしれません。1879(明治12)年の当時の愛知新聞には,「宮崎に茶あり,木下村にコンニャクイモの名産あり。」と題された記事が掲載されていたとのことで,この頃には宮崎のお茶づくりはかなり知名度があったことがわかります。

このように,旧額田町 宮崎地区には,お茶作りに適した恵まれた自然やお茶にまつわる沢山の文化・歴史があり,これらが生かされ,数百年に亘る先人達の試行錯誤の積み重ねと技術となってお茶づくりが受け継がれ、現在の宮崎茶につながります。

宮ザキ園のお茶栽培・製造

お茶ができあがるまでには、多くの工程を経ています。ひとつひとつの工程を丁寧に根気よく行うことで,美味しいお茶ができあがります。宮ザキ園のお茶のできあがるまでをご紹介しましょう。

一 茶畑
宮ザキ園では,中山間地という環境を活かした茶樹栽培を行っています。初夏の日差しがお茶を美味しくします。お茶はこの時期が育ち盛りなのです。こうした日光を直接浴びる畑を「露天園」と呼びます。また,別の畑では覆いをかけて,日光をさえぎった畑「覆下園」で育て,そこで栽培された茶葉は玉露や抹茶となります。

また,宮ザキ園では,農薬や化学肥料を一切使用せず,茶園管理から生産加工までをおこなっております。2006 年には,愛知県内で初めて,お茶栽培・加工の有機 JAS の認定をいただきました。

宮ザキ園の茶葉
宮ザキ園の茶葉
2006有機JAS認証
2006有機JAS認証

二 茶摘み
4 月上旬の萌芽から約30 日茶摘みが始まる季節です。立春から八十八夜(5 月2 日前後)が過ぎたころには,お茶作りの忙しさがやってきます。茶葉が最も香るころを見計らって摘みますので,気候の変化によって,変わるものでもあります。

三 蒸す
生葉の鮮度が落ちないうちにすぐに蒸す必要があります。鮮度が落ちてしまうと,色や香りが損なわれてしまうからです。これを防ぐため,茶葉を約15 ~ 20 秒蒸し,茶葉の酸化酵素の働きを止めます。これは,紅茶やウーロン茶にはない緑茶独自の工程です。

四 揉みながら乾燥させる
蒸した葉を揉んで繊維をほぐし,お茶のうまみの成分を葉全体にいきわたらせます。この「揉み」の工程で生まれるのが,茶葉の「より」。最初は粗く,次第にていねいに揉むことで,均一な「より」をかけられるのです。また,この工程では水分を充分に飛ばすことで,茶葉の変質を防ぎます。

五 選別する
茎や粉などを取り除き,葉の形や大きさを整えると,煎茶のできあがり。美味しい入れ方を参考にお楽しみください。

ここで買えます・楽しめます

この投稿文は次の言語で読めます: ja日本語