収穫本格化してきました。新茶も販売開始してます。


2017年5月 宮ザキ園茶畑の刈り取り風景


三河の中山間地の気温も上がってきました。今年もお茶の刈り取りが本格化しています。宮ザキ園のスタッフに加え,農業に携わりたいというボランティアの方も加わり,順調に刈り取りがすすんでいます。
宮ザキ園のお茶は,かぶせが主体です。お茶の刈り取り前,茶樹におおいをかけ,日光をさえぎりながら栽培します。こうすることで,茶葉の旨味を引き出すことができます。
こちらはかぶせを取り去った状態。背景に見える山の木々に比べ,やわらかい緑になっています。
そしてこちらが実際の茶葉の刈り取り風景。宮ザキ園の茶畑は山間地にありますので,乗用のような大型の刈り取り機は使いません。このように二人一組になって使う手持ちの刈り取り機で,1畝あたり二往復して丁寧にかりとっていきます。刈り取った茶葉は刈り取り機に繋いだ袋に集められていきます。
一旦,片側を刈り取って…
帰って来ます。
刈るためのコツは,二人がうまく呼吸を合わせ,刈り取り機の高さを揃えることと,畝に対してあまり急にならず,緩くもせず,適度につけた角度を保ち続けることです。
こうして,新芽のお茶の葉が刈り取られ,お茶に加工されてゆきます。
ちなみに宮ザキ園直売小売店では,今年の新茶の販売をはじめました。今は刈り取りで忙しいため,新茶の煎茶はまずは1種類(1,500円/100g)だけですが,徐々に増やしてまいります。

追記 今年もソフトクリームを販売しています。日によってメニューを変えていますので,その日何があるかはお店に着ていただいてのお楽しみ。

宮ザキ園のソフトクリーム販売中
宮ザキ園のソフトクリーム販売中

宮ザキ園に東MAXさんご来店,満月紅茶の茶摘みを体験していただきました

先日,宮ザキ園でおこなった岡崎市政100周年記念商品「満月紅茶」の茶摘みイベントには,とある番組の取材で東MAXさんがご来店いただきました。

東MAXさん宮ザキ園にご来店
東MAXさん宮ザキ園にご来店

東MAXさんには6次産業化の取り組みの新商品,”栗のせ わ紅茶ソフトクリーム”を食べていただき,大絶賛をいただいています。

東MAXさんも大絶賛の宮ザキ園の新商品「栗ののせ わ紅茶ソフトクリーム」
東MAXさんも大絶賛の宮ザキ園の新商品「栗ののせ わ紅茶ソフトクリーム」

農場でお茶摘みのお手伝いもして下さいました。お会いするのも2度目ですが相変わらず気さくで面白い方でした。

東MAXさんも参加した満月紅茶茶摘〜日中編〜
東MAXさんも参加した満月紅茶茶摘〜日中編〜
東MAXさんも参加した満月紅茶茶摘〜月夜編〜
東MAXさんも参加した満月紅茶茶摘〜月夜編〜

取材された番組の放送日がわかりましたら,またお知らせします。乞うご期待。

 

新商品ソフトクリーム,宮ザキ園にて販売中

抹茶ソフトクリーム
抹茶ソフトクリーム

先日のイベントでも販売していた宮ザキ園のソフトクリーム,本日は,開発していた頃の貴重な写真をご披露します。

宮ザキ園のソフトクリーム開発中(1)
宮ザキ園のソフトクリーム開発中(1)

このときは宮ザキ園の抹茶アイスクリームを実験していました。

宮ザキ園のソフトクリーム開発中(2)
宮ザキ園のソフトクリーム開発中(2)

そしてこんな商品になるかなとイメージづくり。写真のピントがソフトクリームにあっていなくて申しわけないです。まぁでも,三河のこんな自然豊かなところで商品開発をしているという雰囲気が伝わるということで勘弁してください。

宮ザキ園のソフトクリーム開発中(3)
宮ザキ園のソフトクリーム開発中(3)

実験中なので,工具とか,汚れの付いたタオルとか,…。機械を調整しながら実験をしていたのですが,できあがった試作品が美味すぎて,ついついつまみ食いをしていたため,後日商品開発の様子をご披露するときに体裁の良い写真を撮るといった細かいところまで配慮がいきとどかなかった,反省もこめての記録です。

実はこの夏から宮ザキ園の屋外販売コーナーで販売しています。

ソフトクリーム販売コーナー
宮ザキ園のソフトクリーム販売コーナー

もうそろそろ涼しくなってきましたが,しばらくはまだ販売中。毎週,金・土・日,宮ザキ園の外のソフトクリーム販売コーナーにて販売しています。サイクリストのみなさんがちょっとすわって食べられるよう椅子もご用意しています。宮ザキ園のお近くにお越しの際は,ぜひおたちよりください。