収穫本格化してきました。新茶も販売開始してます。


2017年5月 宮ザキ園茶畑の刈り取り風景


三河の中山間地の気温も上がってきました。今年もお茶の刈り取りが本格化しています。宮ザキ園のスタッフに加え,農業に携わりたいというボランティアの方も加わり,順調に刈り取りがすすんでいます。
宮ザキ園のお茶は,かぶせが主体です。お茶の刈り取り前,茶樹におおいをかけ,日光をさえぎりながら栽培します。こうすることで,茶葉の旨味を引き出すことができます。
こちらはかぶせを取り去った状態。背景に見える山の木々に比べ,やわらかい緑になっています。
そしてこちらが実際の茶葉の刈り取り風景。宮ザキ園の茶畑は山間地にありますので,乗用のような大型の刈り取り機は使いません。このように二人一組になって使う手持ちの刈り取り機で,1畝あたり二往復して丁寧にかりとっていきます。刈り取った茶葉は刈り取り機に繋いだ袋に集められていきます。
一旦,片側を刈り取って…
帰って来ます。
刈るためのコツは,二人がうまく呼吸を合わせ,刈り取り機の高さを揃えることと,畝に対してあまり急にならず,緩くもせず,適度につけた角度を保ち続けることです。
こうして,新芽のお茶の葉が刈り取られ,お茶に加工されてゆきます。
ちなみに宮ザキ園直売小売店では,今年の新茶の販売をはじめました。今は刈り取りで忙しいため,新茶の煎茶はまずは1種類(1,500円/100g)だけですが,徐々に増やしてまいります。

追記 今年もソフトクリームを販売しています。日によってメニューを変えていますので,その日何があるかはお店に着ていただいてのお楽しみ。

宮ザキ園のソフトクリーム販売中
宮ザキ園のソフトクリーム販売中

つゆひかり

つゆひかり荒茶 2017/05初夏らしい晴天が続く中,皆様いかがお過ごしでしょうか。宮ザキ園では新緑の下,茶摘みと荒茶づくり,紅茶づくりがすすんでいます。

今回ご紹介するのは茶樹の品種でいうと「つゆひかり」,早生(わせ),つまり収穫期が早めの品種です。わりとよく名前がきかれる「やぶきた」品種よりわずか数日ですが,早めに茶摘みをすることができます。

写真の状態はすでに荒茶に加工済み。荒茶とは,茶畑でつんだ茶葉を蒸したり揉んだりして,ほぼお茶の状態にした半加工品です(荒茶の状態で販売されている商品も多少ありますけどね)。荒茶にしておくと保存がきき,更に手を加えて煎茶など一般的に広く流通する最終的なお茶商品に仕上げて出荷します。宮ザキ園は小規模・自園採摘・自家加工ですので,お茶の時期はとりあえずは昼は茶摘み,夜は荒茶づくりといった割り振りで動きます。

今年の宮ザキ園の茶園は,例年に比べて収量は少ないですが,雪の影響で病害虫も少なく,順調に茶摘みがすすんでいます。新茶は,青々とした深緑の水色でほのかに甘く,深緑の季節を思わせる味わいに仕上がっています。

花咲かタイムズの推しタビ収録で馬場園梓さんと渡辺直美さんが宮ザキ園に

地元CBCテレビが土曜午前に放映している番組「花咲かタイムズ」のロケ(収録)で,アジアン・馬場園梓さん渡辺直美さんがお茶摘みに来てくれました!

アジアン馬場園さんと渡辺直美さんが宮ザキ園にお茶摘みに
アジアン馬場園さんと渡辺直美さんが宮ザキ園にお茶摘みに

お二人のエールのおかげで暑い中でのお茶摘み部隊もハイテンション!

とても気さくで楽しいお二人に感謝です。

【追記】今回収録された取材の放映は,6月4日(土),午前9:25から。CBCテレビの花咲かタイムズです。

花咲かタイムズの取材を受けています
花咲かタイムズの取材を受けています

新茶仕上げ中

2016年の宮ザキ園の新茶仕込中
2016年の宮ザキ園の新茶仕込中

早朝から工場は熱気でムンムン。お茶のいい香りが漂っています。

日本一の名水で仕上げた”さえみどり”が仕上がってきました。玉露の様な甘い口当たりと濃い緑色の水色が特徴。

宮ザキ園の2016年の新茶
宮ザキ園の2016年の新茶

ネオパーサ岡崎でもご購入いただけます。

宮ザキ園のお茶はネオパーサ岡崎で販売されています
宮ザキ園のお茶はネオパーサ岡崎で販売されています

http://sapa.c-nexco.co.jp/sapa/shop/detail?sapashopid=1138

岡崎・額田の名水情報
http://www.asahi.com/sp/articles/ASJ304HGNJ30OBJB008.html

イッポウでこどもたちとの茶摘みをとりあげていただきました

本日,地元CBCのイッポウで,こどもたちのお茶摘みの様子を放送していただきました。収量はごく僅かですが、岡崎市内で一番最初に摘みとれる岡崎産の無農薬有機栽培の新茶です。

今年は先生からの依頼で“わ紅茶”に加工します。

宮ザキ園としては毎年恒例行事ですが,こどもたちと地元のお年寄りとの交流の場としてお茶を摘み,こどもたちが摘んだお茶を敬老会で飲んでいただくという嬉しい循環。美味しく加工させていただきます。

こどもたちのお茶摘み201605
こどもたちのお茶摘み201605 (テレビ画面の画像の使用については,テレビ局から許諾をいただき,掲載しております)

 

こどもたちに茶摘を指導する宮ザキ園6代目当主 梅村篤志 2016年5月
こどもたちに茶摘を指導する宮ザキ園6代目当主 梅村篤志 2016年5月 (テレビ画面の画像の使用については,テレビ局から許諾をいただき,掲載しております)
地元のお年寄り,こどもたちとともに茶摘み
地元のお年寄り,こどもたちとともに茶摘み。茶どころ旧額田町・宮崎では,たいてい誰もがお茶摘みを幼いころから経験しており,こどもたちにその技術をていねいに伝えることが出来ます。
きれいに茶葉が摘めました
きれいに茶葉が摘めました

茶園日誌:”岡崎薫緑”〜おかざきのかおり〜極濃新茶できました

2016宮ザキ園新茶
2016宮ザキ園新茶

たっぷりの陽射しとたっぷりの栄養を含んだ”岡崎薫緑”〜おかざきのかおり〜極濃新茶できました。この時期だけの味わいをお届けします。

これから益々最盛期。新緑のくらがり渓谷へお出かけの際は是非お立ち寄り下さい。

https://www.facebook.com/Miyazakien

2016茶摘み
2016茶摘み