お盆を終えて

満月茶会まであと二週間ほどとなりました。準備は順調!と言いたいところですが,お盆は有機認証の準備であっという間に終わり,先週末は草取りに追われていました。

昨日はようやく灯りの準備も見通しがつき,出演者の方も先週いらっしゃって,追加の用意など,色々話しております。


二年目となる満月茶会,皆さんに茶摘みをしていただきますが,実は,この摘まれた茶葉はわ紅茶になります。わ紅茶を開発するにあたり,いろんな時期のいろんな茶葉をいろんな方法で発酵させて味や香りがどんな風に変わるか,試してきました。その結果,面白いことに在来種 本宮の二番茶を使ったものが,今のわ紅茶を作るのにベストだったのです。

在来種は収量や耐病性で最近の樹種に比べて弱いので,大量に茶葉を生産し,大量に納品する茶農家さんはほとんどそうした最近開発されたお茶の樹に切り替えて行っています。ですが,宮ザキ園ではたまたま在来種の畑も含めていろんな樹種があり,いろんな樹種を使った実験ができましたし,今も改良が続いています。

茶の実の写真
これ,なんだかわかりますか?果物のように見えますがお茶の実なんです。


熟すと自然に殻が割れ,お茶の実が飛び出てきます。


お茶畑の地図記号の元になったのが,この茶の実がはぜた状態。茶畑にはよく転がっていますし,茶の樹についたままのもよく見かけます。
茶畑で行う満月茶会,お茶の実との出会いもあるかもしれませんね。

保存保存

保存保存

満月茶会の打ち合わせ

本日は,9月6日に実施する満月茶会の打ち合わせをしました。

満月茶会はその名の通り,月と地球と太陽とが一直線に並び,海や湖が満潮となる満月の夜に,宮ザキ園の茶畑でお茶会をするイベントです。茶畑で茶摘みを体験していただいたり,満月茶会ステージでお茶を召し上がっていただきます。今回は特別に,二胡や琴,バイオリンの演奏もある他,料亭一升の点心もご賞味いただけます。

間もなく定員となります。ご関心のある方はお早めにお申込みを

保存保存

【お知らせ】9/6 薫風流満月茶会が開催されます

お盆休みに入り,皆様いかがお過ごしでしょうか。宮ザキ園は,大好評のソフトクリームの原料が切れてしまっててんやわんやです。

さて,今年も満月の夜にお茶を摘みながら茶会を催す満月茶会の季節がやってきました。来たる9月6日の満月の夜,煎茶薫風流主催の満月茶会を開催します。

定員は50人ですので,お早めにお申し込みください。こちらのちらしをダウンロードしていただき,必要事項をご記入の上,FAXにてお送りください。なお,ご記入いただいたお名前やご住所などの個人情報は,このイベントに関する宮ザキ園からの連絡に使わせていただきます。

2017年9月6日煎茶薫風流 満月茶会パンフレット
2017年9月6日煎茶薫風流 満月茶会パンフレット

なお,お盆休みの期間,宮ザキ園はいつもどおり定休日の木曜日以外は営業しております。ソフトクリームの原料が届くまでは,準備が出来次第,かき氷などピンチヒッター商品を用意してお待ちしております。もちろん,煎茶・わ紅茶・ほうじ茶・お抹茶などお茶商品も店舗でお買い求め頂けます。

皆様のおこしをお待ちしております。

保存保存

オカザえもん来園!

宮ザキ園にオカザえもんが来園しました!この連休に,隠れ岡崎収穫体験と題したおかざきすぐれモノ探検隊イベントの一環で,宮ザキ園のお茶の収穫体験に今や全国レベルのゆるキャラ,オカザえもんがやってきてくれました。

201707オカザえもんが宮ザキ園に来園!
201707オカザえもんが宮ザキ園に来園!

日中30℃を軽く越える暑さの中,一般参加者の皆さんと一緒に,茶畑でお茶の葉の収穫は大変だったと思います。旧額田町宮崎地区は中山間地。畑も勾配がかなりあり,畝によっては移動だけでも気を使わなければいけませんが,黙々と作業をこなしていただいたオカザえもんさん。関係者の皆さん,ありがとうございました!

おかざきすぐれモノ体験隊ロゴおかざきすぐれモノ探検隊は,岡崎でしか体験できない「ほんもの」を提供しています。探検隊のプログラムの一つ,隠れ岡崎収穫体験では,農薬を使わず栽培しているお茶や柚子の収穫体験お茶づくりや柚子胡椒づくりなどの加工体験,額田の紅葉観賞や自然薯・柚子・茶などの味わい体験をしていただけます。

今回は,茶摘み体験と茶畑に新たに設けたテラスでの試飲ワークショップ。

隠れ岡崎収穫体験初日。茶摘み体験と試飲ワークショップ。
隠れ岡崎収穫体験初日。茶摘み体験と試飲ワークショップ。

 

 

そして農薬を使わないで育てた柚子畑にもご案内いたしました。この隠れ岡崎収穫体験プログラムでは,参加者の皆さんに柚子の木のオーナーになっていただき,柚子の収穫体験や加工体験をして頂く予定です。今回は,それぞれの参加者さんに柚子の木を選んでいただくため,畑にご案内。

農薬を使わないで育てた柚子畑にご案内
農薬を使わないで育てた柚子畑にご案内

おかざきすぐれモノ探検隊のプログラムはしばらく続きます。参加者の皆様にご満足いただけるよう,工夫を凝らしてまいりたいと思います。

この「隠れ岡崎収穫体験」に参加を希望される方は,おかざき すぐれモノ体験隊に登録が必要です。また,農産物の収穫時期は天候に左右されることがありますので,第2回・第3回の開催日が未確定であること,ご了承ください。

保存保存保存保存

保存保存

茶摘みを終えてスペシャルな方と一服

そろそろ今年の一番茶の茶摘みが終わります。今日は久保城と風頭山を背景に,スペシャルゲストといっぷくしています。

2017/06 一番茶の茶摘みもほぼ終わり,ゆったりした時間を過ごしています。
2017/06 一番茶の茶摘みもほぼ終わり,ゆったりした時間を過ごしています。

 

ご一緒していただいたのは,地元愛知のFM放送局,ZIP−FMでおなじみのイレーネさん。日本語・英語・ドイツ語・フランス語を話される,とっても国際色豊かな人ですが,一方で,奥三河の花祭りが大好きだとか。イレーネさんご自身が演劇を学ばれ,郷土芸能としての仮面劇を研究されているのだそうです。そしてお茶を飲むのも大好きとのことで,宮ザキ園の額田薫緑をワイングラスで飲んでいただきました。

後ろに映っている茶畑は次に備えてかなり茶色になっていますが,そのまた後ろは風頭山の初夏の新緑,そして青空が広がっています。中山間地,額田の素敵な一日です。

保存保存

保存保存

間も無く完成! 満月茶会のステージ

建築途中の満月茶会ステージ満月茶会のステージがまもなく完成します。このステージから見えるのは,一面の茶畑。

満月茶会ステージ建設中工事は3月から行っていましたが,実は満月茶会ステージをつくる計画は,数年前から検討していました。
整地が終わった満月茶会のステージ自然のままにという宮ザキ園のコンセプトにふさわしい舞台ってどんなものだろう。いろいろな方に相談し,それがようやく形になってきています。

満月茶会のステージから観た茶畑 2017/04そしてついに今週,舞台が姿を現し始めました。目の前の茶畑ではあ若葉が次々と芽吹いています。ステージの前の畑は,わ紅茶に使っている在来種の「本宮」がうわっています。在来種,あるいは固定種と言われる植物は,それぞれに個性があり,芽吹きのタイミングもばらつきがあります。茶樹の葉の色がまだらなのは,宮ザキ園らしさを表現しています。