お店を改装中

このところ,急に暑くなってきましたね。宮ザキ園は,ただいま茶畑の暗幕がけとお店の改装でてんてこ舞いの毎日です。

201605 宮ザキ園店舗前写真
2016年5月撮影の宮ザキ園直営店舗

宮ザキ園の店舗は,かつては製茶の工場だった建物で,100年以上の歴史があります。

建物の梁などをみると,どこか別の建物で使われていたんだろうなという古い木材が使われていたり,4代目の遺品や,5代目が現役時代に持ち帰ってきた海外の土産物なども飾ってあります(5代目は大手商社で茶を扱っていたので,世界各地の茶産地を巡り歩いていました)。

201804店舗改装中-板張りの店内 最近は遠くからもお客様が宮ザキ園を尋ねてきてくださることも多くなりましたので,おもてなしの空間としてもっと活用しようと,前々から考えていた店舗のリニューアルを行うことにしました。

201804店舗改装中-談話コーナー こちらは今までもお客様にご利用いただいていた場所です。以前は片付いていなくてお抹茶を引く臼などがおいてあったのですが,整理しておかけいただけるようにしました。
201804店舗改装中-店内 こちらも今までお客様に御覧頂いていた店頭の様子です。今回のリニューアルは,ここには映っていない,奥の方の部分の大改装をしています。

間もなく大型連休。そして,毎年恒例のくらがり渓谷での音楽イベント,「くらがりサウンドフェス」も開催されます。リニューアルしている部分のお披露目日はまだ未定ですが,宮ザキ園は連休中も通常通り,店舗を営業しています(木曜定休)。

お近くにお越しの節はぜひお立ち寄りください。新茶のご案内も,間もなくです。

わ紅茶づくり進行中

蒸し暑い日々が続く中,皆様お元気でお過ごしでしょうか。

宮ザキ園では,先日,満月の宵,わ紅茶用の茶葉を収穫しました。

2017年7月11日 満月
2017年7月11日 満月

わ紅茶用の茶葉は,地元,本宮山の麓で育った在来種の茶葉で作ります。宮ザキ園の6代目,篤志が研究を重ね,多くの方の協力を得て完成させた,「わ紅茶」,今年も順調に仕上がってきています。

満月紅茶用の茶葉を発酵させています
満月紅茶用の茶葉を発酵させています

満月の夜に収穫した特別の茶葉を使った「満月紅茶」,9月の茶会でお披露目予定です。

宮ザキ園に東MAXさんご来店,満月紅茶の茶摘みを体験していただきました

先日,宮ザキ園でおこなった岡崎市政100周年記念商品「満月紅茶」の茶摘みイベントには,とある番組の取材で東MAXさんがご来店いただきました。

東MAXさん宮ザキ園にご来店
東MAXさん宮ザキ園にご来店

東MAXさんには6次産業化の取り組みの新商品,”栗のせ わ紅茶ソフトクリーム”を食べていただき,大絶賛をいただいています。

東MAXさんも大絶賛の宮ザキ園の新商品「栗ののせ わ紅茶ソフトクリーム」
東MAXさんも大絶賛の宮ザキ園の新商品「栗ののせ わ紅茶ソフトクリーム」

農場でお茶摘みのお手伝いもして下さいました。お会いするのも2度目ですが相変わらず気さくで面白い方でした。

東MAXさんも参加した満月紅茶茶摘〜日中編〜
東MAXさんも参加した満月紅茶茶摘〜日中編〜
東MAXさんも参加した満月紅茶茶摘〜月夜編〜
東MAXさんも参加した満月紅茶茶摘〜月夜編〜

取材された番組の放送日がわかりましたら,またお知らせします。乞うご期待。

 

新商品ソフトクリーム,宮ザキ園にて販売中

抹茶ソフトクリーム
抹茶ソフトクリーム

先日のイベントでも販売していた宮ザキ園のソフトクリーム,本日は,開発していた頃の貴重な写真をご披露します。

宮ザキ園のソフトクリーム開発中(1)
宮ザキ園のソフトクリーム開発中(1)

このときは宮ザキ園の抹茶アイスクリームを実験していました。

宮ザキ園のソフトクリーム開発中(2)
宮ザキ園のソフトクリーム開発中(2)

そしてこんな商品になるかなとイメージづくり。写真のピントがソフトクリームにあっていなくて申しわけないです。まぁでも,三河のこんな自然豊かなところで商品開発をしているという雰囲気が伝わるということで勘弁してください。

宮ザキ園のソフトクリーム開発中(3)
宮ザキ園のソフトクリーム開発中(3)

実験中なので,工具とか,汚れの付いたタオルとか,…。機械を調整しながら実験をしていたのですが,できあがった試作品が美味すぎて,ついついつまみ食いをしていたため,後日商品開発の様子をご披露するときに体裁の良い写真を撮るといった細かいところまで配慮がいきとどかなかった,反省もこめての記録です。

実はこの夏から宮ザキ園の屋外販売コーナーで販売しています。

ソフトクリーム販売コーナー
宮ザキ園のソフトクリーム販売コーナー

もうそろそろ涼しくなってきましたが,しばらくはまだ販売中。毎週,金・土・日,宮ザキ園の外のソフトクリーム販売コーナーにて販売しています。サイクリストのみなさんがちょっとすわって食べられるよう椅子もご用意しています。宮ザキ園のお近くにお越しの際は,ぜひおたちよりください。

商談会が続きます

20160202商談会
20160202商談会

本日は名古屋のアイリス愛知で商談会に参加してきました。6次産業化認定事業者,いいともあいち参加事業者など,元気な事業者がたくさん参加していました。

商談会というと,自分で売り込みを始めた最初の頃は何をどうやっていいかさっぱりわからず,今から考えると冷や汗モノですが,最近は,少しは慣れてきたかなと思います。今回は,せっかくつくった英語版のポスター(モデルは祖父で,宮ザキ園の4代目当主の梅村秋治です!)をドンッ!と飾ってみました。

20160202商談会を終えて
20160202商談会を終えて
ありがたいことに,今日は夫婦二人で参加できました。写真だけど,祖父も一緒です!会場では,6次産業化の仲間や,担当プランナーさんにもきていただき,いろいろ情報交換をしてきました。こういう商談会は,前向きの人たちが多くてとても刺激になります。

わ紅茶の商標登録をしました

半年ほど前に出願していたのですが,このたび,「三河 わ紅茶」が商標登録されました(登録第5731881号)。

6次産業化に取り組む茶園として,宮ザキ園の看板商品として育ててきた「わ紅茶」。おかげさまで、すっかり宮ザキ園といえば「わ紅茶」として定着してきました。

三河の地で育てられてきた,三河の地を元気にしたい,そんな思いをこめて,「三河わ紅茶」は,愛知県(三河地方)産の紅茶飲料,愛知県(三河地方)産の茶葉を使用した紅茶,愛知県(三河地方)産の紅茶飲料の飲食店における提供,という定義にしてあります。

商標登録にあたっては,いろんな方のご協力を得ました。あらためてこの場で,皆様にお礼申し上げます。小さな茶園でも,自分で動くとこんなことができるのだと知ってもらえたらうれしいです。知的財産を大切にしていくというのも,6次産業化の大切な要素の一つかと思います。

 

 

 

宮ザキ園の6次産業化の取り組みを語る

この動画は,2013年12月6日に名古屋大学で開催された「6次産業創出フェアin東海」の中で,6次産業化認定事業者による講演としてビデオ出演したときのものです。担当の六次産業化プランナーさんにつくってもらいました。再生時間は9分丁度です。

岡崎経済新聞に岩津天満宮の合格茶をとりあげていただきました

岡崎経済新聞に,宮ザキ園が製造している岩津天満宮の合格茶について掲載していただきました。

岩津天満宮 合格茶
岩津天満宮 合格茶

合格茶は,「頭の良くなるお茶」をコンセプトに,5代目梅村芳正の健康を願い,6代目梅村篤志が開発しました。緑茶に,インドの伝統医療などでつかわれているインドのハーブ「トゥルシー(別名=ホーリーバジル)」「つぼくさ(別名=ゴッコラ)」をブレンドしております。

 

6次産業化の認定をいただきました

宮ザキ園は,本日,農林水産大臣から,総合化事業の事業認定(いわゆる6次産業化の認定)をいただきました!(農林水産省発表のpdfファイル)タイトルは,「岡崎市宮崎地区を中心とした地域の産物を生かした和紅茶とハーブ茶等の開発・生産・販売事業」です!

総合化(6次産業化)事業認定(2011年)
総合化(6次産業化)事業認定(2011年)

6次産業化とは,農林水産業者が自ら栽培・収穫した農林水産物を活用し,新たな商品の開発・販売や新しい販売の仕方(例えば卸売ばかりをしていた事業者が直売をしていく)をする事業計画のうち,一定の条件をクリアしたものを国が認定する制度です(農林水産省の6次産業化のページはこちら)。

宮ザキ園は,これまで緑茶の卸売が主でしたが,しばらく前から,直売の取組みを始めました。また,緑茶のみでなく,ハーブ入りのお茶や,紅茶の加工・販売に取り組んでいます。今回の事業認定も,このハーブ入りのお茶や,紅茶の取り組みについて,認定をいただきました。

これからも,地元の資源を大切に活かしながら,額田・宮崎地区のお茶産業の発展に努めてまいります!