収穫本格化してきました。新茶も販売開始してます。


2017年5月 宮ザキ園茶畑の刈り取り風景


三河の中山間地の気温も上がってきました。今年もお茶の刈り取りが本格化しています。宮ザキ園のスタッフに加え,農業に携わりたいというボランティアの方も加わり,順調に刈り取りがすすんでいます。
宮ザキ園のお茶は,かぶせが主体です。お茶の刈り取り前,茶樹におおいをかけ,日光をさえぎりながら栽培します。こうすることで,茶葉の旨味を引き出すことができます。
こちらはかぶせを取り去った状態。背景に見える山の木々に比べ,やわらかい緑になっています。
そしてこちらが実際の茶葉の刈り取り風景。宮ザキ園の茶畑は山間地にありますので,乗用のような大型の刈り取り機は使いません。このように二人一組になって使う手持ちの刈り取り機で,1畝あたり二往復して丁寧にかりとっていきます。刈り取った茶葉は刈り取り機に繋いだ袋に集められていきます。
一旦,片側を刈り取って…
帰って来ます。
刈るためのコツは,二人がうまく呼吸を合わせ,刈り取り機の高さを揃えることと,畝に対してあまり急にならず,緩くもせず,適度につけた角度を保ち続けることです。
こうして,新芽のお茶の葉が刈り取られ,お茶に加工されてゆきます。
ちなみに宮ザキ園直売小売店では,今年の新茶の販売をはじめました。今は刈り取りで忙しいため,新茶の煎茶はまずは1種類(1,500円/100g)だけですが,徐々に増やしてまいります。

追記 今年もソフトクリームを販売しています。日によってメニューを変えていますので,その日何があるかはお店に着ていただいてのお楽しみ。

宮ザキ園のソフトクリーム販売中
宮ザキ園のソフトクリーム販売中

わ紅茶づくり

先日,宮ザキ園の茶摘みやお茶の加工が始まったことをお伝えしましたが,今日お伝えするのは2017年のわ紅茶づくりです。

宮ザキ園のわ紅茶は,お茶の在来種,「本宮」(ほんぐう)の茶葉からとられた茶葉を,丁寧に手作業で紅茶に仕立てていきます。この動画はお茶の葉をもんでいるところ。揉師のYさんが,すでにかれこれ3時間近く,まるで修行僧であるかのように黙々とこの作業をしています。

床に敷かれた,藁で編んだ茣蓙は最近はとても入手が難しくなってしまいましたが,こういう手作業での紅茶づくりには欠かせません。

わ紅茶のために摘まれた茶葉は,こうした手もみ作業や天日干しの工程を経て,皆様にお届けする姿に変わっていきます。

NPO法人理事として額田を語る

当園6代目当主 梅村篤志はNPO法人「インディアンサマー」の理事長でもあります。この動画は,NPO関係の集りで,地元,額田への思いを語らせていただいた時のものです。NPO法人インディアンサマーの活動は facebook でもお知らせしております

宮ザキ園の6次産業化の取り組みを語る

この動画は,2013年12月6日に名古屋大学で開催された「6次産業創出フェアin東海」の中で,6次産業化認定事業者による講演としてビデオ出演したときのものです。担当の六次産業化プランナーさんにつくってもらいました。再生時間は9分丁度です。