東貴博さん、やまもとまさみさんと対談します!

”あいちの山里MAX”というイベントのあいちの山里MAXトークライブでタレントの東貴博さん,やまもとまさみさんと対談します!

何を話そうかなと思ったんですが,いろんな人に相談して,額田の自然や暮らし,伝統産業でもあるお茶の魅力をしっかりPRすることにしました。

山里の魅力を沢山の人に知ってもらいたいです!

201603山里MAXパンフレット
201603山里MAXパンフレット

ハナキンに掲載していただきました!

ハナキンに掲載していただきました
ハナキンに掲載していただきました

本日22日発行のハナキンにご掲載頂きました。ハナキンは,地元岡崎市と幸田町にてポスティングされる,総発行部数14万部を超える折込チラシです

高級煎茶”玉露”の淹れ方や”三河わ紅茶”.の美味しい飲み方も記載してあります。

これから益々寒さが厳しくなる様です。

無農薬有機栽培で育てたお茶で心も体も温まって下さい。

岡崎市観光協会にとりあげていただいています

お仲間商品というわけではないのですが,宮ザキ園をとりあげていただいているのでこちらでご紹介いたします。

観光協会さん,ご紹介ありがとうございます!「お紅茶がおすすめ」って書いてありますが,「わ紅茶」のことです(涙)。

CBC TV プレ旅MAXに出演させていただきました!

地元,CBCテレビのプレ旅MAXに,宮ザキ園6代目当主,梅村篤志が出演させていただきました

わ紅茶(桐箱・包み)
わ紅茶(桐箱・包み)

番組では,新感覚の国産紅茶として「わ紅茶」をとりあげていただきました。発酵を抑えたこだわり製法,香りの豊かさとまろやかな味わい,宮ザキ園の取り組みをご紹介いただいています。

関係者の皆さん,ありがとうございました!

岡崎市環境保全課さんの水とみどりの森にとりあげていただきました

岡崎市環境保全課さんの「水とみどりの森」に,先日行われたおかざき自然体験の森のお茶作りボランティア活動に参加しておられる皆さんによる宮ザキ園での視察研修をとりあげていただきました

おいしい茶葉の育て方や茶葉の摘み方などを学んでいただき,実際に茶摘,お茶の加工,玉露やわ紅茶などの試飲を体験していただいています。写真付きのレポートで,とても読み応えがあります。

環境保全課さん,ありがとうございます!

みかわこまちに掲載していただきました!

愛知県三河地方の情報サイト,みかわこまちのウェブサイトに宮ザキ園の記事を掲載していただきました

二代目梅村㽵次郎(写真手前真ん中)のほか,昭和中頃,昭和30年代,そして現在の宮ザキ園の茶園の写真が掲載されています。

山村再生担い手づくり事例集に掲載していただきました

国土交通省中部地方整備局豊橋河川事務所矢作川流域懇談会さんが作成された「山村再生担い手づくり事例集II」に掲載していただきました。

矢作川流域懇談会とは,2010(平成22)年8月に豊橋河川事務所さんが,治水,利水,環境,総合土砂管理,維持管理などの課題に対して流域住民・関係機関も含めた話し合いを通じて連携・協働の取り組みを行うために設けられたものだそうです(市民会議のメンバー募集中とのこと)。

「山村再生担い手づくり事例集」は,矢作川流域圏懇談会の山部会さんが,矢作川流域で中山間地振興に携わる団体・個人の活動情報を共有して関連する団体・個人同士のネットワークづくりを支援する目的で作成されているとのこと。2014(平成26)年度に第1集が刊行され,宮ザキ園がとりあげられた今回は第2集だそうです。

関係者の皆さん,ありがとうございました!

 

おかざき匠の会のサイトに紹介していただいています

おかざき匠の会のサイトに,宮ザキ園6代目当主,梅村篤志を紹介いただいております。関係者の皆様,ありがとうございます。

岡崎商工会議所の地産地消認定商品としてご紹介いただいています。

岡崎商工会のサイトで,宮ザキ園のおかざき地産地消セレクション認定加工食品(特別認定)として,額田一番茶 額田一番ほうじ茶 三河わ紅茶をご紹介いただいています

おかざき地産地消認定加工食品の特別認定の認定基準は,食品に使われた原材料の総重量に対して三河地域で作られた原材料の含有率が80%以上であること,含有率を証明できる証拠が存在すること,岡崎市内の事業主であること,の3つです。宮ザキ園のお茶は,いずれもこれを満たしています。

おかざき地産地消セレクションの制度は2009年から,岡崎商工会議所さんが始められました。上記のサイトに掲載されている宮ザキ園の商品のパッケージ写真は,今とはパッケージ・デザインが全く違いますが,最初の認定があった当時のもので,汎用品です

関係者の皆さん,ありがとうございます!