収穫本格化してきました。新茶も販売開始してます。


2017年5月 宮ザキ園茶畑の刈り取り風景


三河の中山間地の気温も上がってきました。今年もお茶の刈り取りが本格化しています。宮ザキ園のスタッフに加え,農業に携わりたいというボランティアの方も加わり,順調に刈り取りがすすんでいます。
宮ザキ園のお茶は,かぶせが主体です。お茶の刈り取り前,茶樹におおいをかけ,日光をさえぎりながら栽培します。こうすることで,茶葉の旨味を引き出すことができます。
こちらはかぶせを取り去った状態。背景に見える山の木々に比べ,やわらかい緑になっています。
そしてこちらが実際の茶葉の刈り取り風景。宮ザキ園の茶畑は山間地にありますので,乗用のような大型の刈り取り機は使いません。このように二人一組になって使う手持ちの刈り取り機で,1畝あたり二往復して丁寧にかりとっていきます。刈り取った茶葉は刈り取り機に繋いだ袋に集められていきます。
一旦,片側を刈り取って…
帰って来ます。
刈るためのコツは,二人がうまく呼吸を合わせ,刈り取り機の高さを揃えることと,畝に対してあまり急にならず,緩くもせず,適度につけた角度を保ち続けることです。
こうして,新芽のお茶の葉が刈り取られ,お茶に加工されてゆきます。
ちなみに宮ザキ園直売小売店では,今年の新茶の販売をはじめました。今は刈り取りで忙しいため,新茶の煎茶はまずは1種類(1,500円/100g)だけですが,徐々に増やしてまいります。

追記 今年もソフトクリームを販売しています。日によってメニューを変えていますので,その日何があるかはお店に着ていただいてのお楽しみ。

宮ザキ園のソフトクリーム販売中
宮ザキ園のソフトクリーム販売中

宮崎園開始讓2017年的和紅茶

我們已告知了宮崎園開始2017年的茶葉採摘和茶葉加工,但今天我們會告訴你加工2017年的加工和紅茶工作也已開始了。

宮崎園的紅茶是由本土品種的茶,其名稱為“本宮”(HONGU)的。這個茶樹名字來自位於宮崎園附近的一座山名字叫本宮山,因為他說“本宮”的種子從那座山山區來到。葉子仔細用手把紅茶加工。這部影片即將揉捏。一個專業的捏合師傅Y先生一直在做這項好像修練的工作做了近3小時了。

你看到鋪設在地板上的稻草獲得針織氈呢。最近,獲得它已經變得非常難,但它是加工宮崎園的紅茶不可缺。

為我們的日本紅茶“和紅茶”採摘的茶葉將通過這樣的手工工作的工作,經太陽一曬過程等,該變它的樣子,才到大家。