玉露

玉露とは

「玉露」は,公益社団法人日本茶業中央会が定めた定義によれば,「一番茶の新芽が伸び出した頃からよしず棚などに藁や寒冷紗などで茶園を20日前後覆い、ほぼ完全に日光を遮った茶園(「覆下園」)から摘採した茶葉を煎茶と同様に製造したもの」とされています。お茶として加工された玉露の茶葉は煎茶と同じような姿かたちをしていますが,日光を避けるために長い期間,茶樹に覆いをかぶせ,自然仕立てにした葉を手摘みしたりして手間をかけて作られたものも多く,遮光して光合成を抑えることで,渋みのもととなるカテキンの増加を抑え,うまみ成分であるテアニンの含有比率が増えますので,かぶせ茶・煎茶に比べ,渋みが少なく,深いコクやうまみを楽しむことができるお茶となります。

額田薫緑 玉露(玉露・かぶせ茶)

茶園を覆う方法は様々ありますが,宮ザキ園の玉露は,暗幕をかけた状態で20日以上育てた茶葉を使用して丁寧に仕上げています。濃い緑色の水色とまろやかな甘い口当たりが特徴です。

此頁面可以在以下語言閱讀: ja日本語 (日語) enEnglish (英語) zh-hant繁體中文