今年も無事に有機JAS認証の検査が終了しました

有機JAS認証(英文)

宮ザキ園は,煎茶やわ紅茶,ほうじ茶などお茶の加工について,2017年9月にJASの有機認証を取得しました。また,海外からの引き合いが多くなってきたこともあり,今年は抹茶の加工についても有機認証を追加申請しました。

今回,検査があり,この一年で一番のプレッシャーでしたが,無事,追加認証と従来認証の継続となりました。

これまでニューヨークやマレーシア,ロンドンなど各地で日本茶の展示・試飲・販売イベントを重ねてきましたが,やはり海外では有機食品の評価が非常に高いことを実感しています。商談のたびに,これはOrganicかと聞かれます。加えて最近あった,中東からの新たな引き合いでも有機であることが取引の条件だとのことで,石臼でひく宮ザキ園の抹茶についても有機認証を追加申請しました。有機認証の申請にあたっては,新たに開拓できそうな海外市場の販路開拓戦略の一環としての取り組みということで,6次産業化プランナーさんの派遣を受け,支援していただきました。関係者の皆様,ありがとうございます。

宮ザキ園としては中山間地という厳しい条件を逆に活かせ,これまで長らくとりくんできた有機栽培,有機茶加工を海外にもきちんとアピールできるよう,有機JASの認証を栽培・加工とも取得しています。栽培・加工の両方の認証を取得していることで,一括表示に有機茶や有機栽培茶葉という言葉を表示できる他,パッケージ等にOrganic,有機,無農薬などとうたえます。

でも,いちばん大切なのは,おいしいお茶なのだということです。加えて,安心・安全。

People make juice and God makes tea

このページは次の言語で読めます: ja日本語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください