お茶づくりの準備中!

いよいよお茶摘みのシーズンです。宮ザキ園がある愛知県岡崎市旧額田町宮崎地区は,製茶工場も間もなくフル稼働の季節に入ります。今年は新茶のシーズンを前に,海外からも引き合いのお声がけをいただき,さぁやるぞと気合を入れています。

2019年の宮ザキ園の茶園は,実は霜害にあって,収穫量が落ちてしまうと見込まれます。ですが,そんな貴重な茶葉を目一杯おいしくいただいてもらうために,製茶の現場の準備に走り回っているところです。

荒茶(あらちゃ)というのは,茶葉を刈り取った後,蒸しや揉みをしてお茶にしあげたものをいいます。一般的な煎茶は,更に選別など仕上げの工程がありますが,荒茶はその一つ手前の状態です。お茶を刈り取った後,茶葉は放っておくとどんどん自己発酵が進んでしまうため,おいしい緑茶に仕上げるにはその日のうち,あるいは翌日の朝までには荒茶の状態にしてしまわなければいけません。大手の事業者さんは,茶葉の刈り取りと荒茶の生産は別々のチームが担っていますが,宮ザキ園は小規模な茶園ですので,午前中から夕方にかけて目一杯刈り取り,夕方から深夜にかけてそれをどんどん荒茶にしていくという作業をしています。

かつては地域総出,家族みんなでやっていましたが,今はここ宮崎地区のお茶農家さんたちがかなり少なくなり,茶畑に見かける人も少なくなってしまいました。宮ザキ園は,一回一回の刈り取り,荒茶づくりを,茶師の篤史が目を光らせながら,自ら手を動かし,また,農業ボランティアさんや,毎年来ていただける協力スタッフのみなさんなどの力もお借りして,全力でこの季節を乗り切ります。もちろん,有機認証のお茶を作っていますので,いろんな記録などもとりながら,丁寧にお茶づくりをすすめていきます。

しばらく,店頭や電話でのお問い合わせなどで不十分な対応しかできないこともあるかもしれませんが,ご了承ください。

おいしい宮ザキ園のお茶を2019年もお楽しみに!

このページは次の言語で読めます: ja日本語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください