刈り落としの季節

今年もまた新しいお茶の準備の季節がやってきました。愛知県・岡崎市旧額田町の茶畑は,例年通り,大産地の九州宮崎や静岡よりやや遅めの新茶の支度をしています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

今,宮ザキ園の茶畑では,まわりで桜が花開き,うぐいすの声が響き渡る,気持ちの良い季節。

刈り落としは,茶樹に残っている古い葉を落とし,新芽が一斉に出るようにするための準備です。収穫の際に古い葉が混じらないようにする意味もあります。

チャの木の枝葉,春になるとぐんぐん伸びます。宮ザキ園の近くでも,これくらい枝葉が伸びているところがあるんです。

もっとも,こちらの茶畑は宮ザキ園とは仕立てや刈り方などいろいろ違うので,どちらがどうというわけではありません。同じ日に同じ地区で同じような日照条件でもこれくらいイメージが違うのをお伝えするために撮影してみました。

こちらはまた宮ザキ園の茶畑。暗幕の準備がしてあります。散髪をしてさっぱりした直後みたいな様子です。

宮ザキ園の場合,落とした葉は肥料として循環させています。刈り落とした葉だけでなく,米ぬかを主体として発酵させた肥料など伝統的な農法で茶樹をじっっくり育てています。化学肥料は使わず,その土地にあるものを使っての農業ですので,持続していけるんですね。

おや,向こうに何かが動いてる…。

米ぬか肥料を施肥していたら,愛犬エースが喜んで食べにきました。犬なのに米ぬか??とちょっと不思議でしたが,まいたそばから美味しそうにほおばり,顔中くっつけています。舌も米ぬかまるけ。

東京や大阪など大都市圏は,感染症対策でこれからしばらくは大変な生活となりそうですね。新茶の季節を前にして例年なら販売のために出歩いている各地のイベントが2月くらいから次々に中止が決まり,当地,中山間地の旧額田町では,お茶づくりを例年通り粛々と進めています。

外に出る機会が減り,3月は,宮ザキ園の経営をどうしていくかを話し合ってきました。葉から淹れるお茶のおいしさをもっと知ってほしい,江戸時代から続く岡崎市・旧額田町のお茶づくりを守りたい。やりたいことはいっぱいある。でも,小さな茶園,少人数でやれることは限りがあります。今年はお茶づくり(葉の収穫から荒茶の生産まで)は従来と変わりなく取り組んできましたが,それとは別に,新たに取り組むことがあります。

アーモンドの花202004

  • 収穫作業など農作業が本格化したら,毎朝・夕のミーティングをしていきます。今まで家族経営で長年お手伝いをしてくださっている方たちとの作業が多く,話をしなくても通じているのではと思っていましたが,農業ボランティアの方など,新しい方に農作業を手伝っていただくことも多くなりましたので,朝,一日の計画を共有し,自主的に動いてもらう,夕方,進捗を把握してみんなで翌日の計画をたてる,この動き方のほうが効率がよさそうです。
  • お茶の新商品を考えています。わ紅茶販売元のイメージが強い宮ザキ園ですが,そこは茶農家。特に宮ザキ園の直営店を訪ねてきてくださるお茶好きのお客様には自家加工で生産している煎茶やほうじ茶も好評です。宮ザキ園では煎茶やほうじ茶の新しい取り組みを,今シーズンのお茶から取り組みます。詳細は後日公表します。
  • 今年もぬかた商工会主導のイベント,おかざきかき氷街道に参加します。宮ザキ園は新茶のバタバタが終わる6月中旬に始めます。こちらも新商品あります。
  • 年単位でもっと宮ザキ園で管理する畑を広げ,宮ザキ園のお茶の供給量を増やしたいと思っています。旧額田町・宮崎地区を中心に,茶畑の管理範囲を拡大していきたいです。耕作放棄地になりかかっている茶畑の管理でお困りの方など,お声がけいただければ幸いです。

例年通り,刈り落としまでに加工機器の一部入れ替えや修理をすませました。店舗も少しずつ手を入れ,姿を替えていっています。茶畑では,刈り落としが終わったらまもなく幕がけをしていきます。新茶を待っている皆様,もうしばらくお待ち下さい。

宮ザキ園の直売店舗店頭風景202004

 

 

 

ここで買えます・楽しめます

このページは次の言語で読めます: ja日本語enEnglish (英語)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください