刈り取り作業が進んでいます

20200518 茶畑
20200518 茶畑
20200518 茶畑

茶摘みの季節が当地愛知県・岡崎市にもやってきました。宮ザキ園ではお茶の刈り取りが始まっています。2020年の新茶の販売も少しづつはじめました。

緊急事態宣言の解除もあり,昨日日曜日は久しぶりにお店がにぎわいました。扉をすべて開け,換気を良くしたり,外のテラスやテーブルを活用したりしています。5月の心地よい風が吹いていたこともあり,さわやかな雰囲気でした。

今年も,宮ザキ園は,自園の茶畑から刈り取ったお茶の葉の加工の他に,近所の農家さんや兼業農家さんのお茶の葉加工も行っています。

萎凋していちゅ茶葉
萎凋している在来種の茶葉

こちらの写真は,刈り取った後,日本茶に仕上げていく最初の段階,萎凋しているところです。萎凋とは,揉みの工程での作業をしやすくするために,生葉に含まれている水分を少なくさせるための工程,涼しく暗い場所に広げておいておきます。

202005 荒茶をつめた大海袋
202005 荒茶をつめた大海袋

萎凋が終わった生葉は,小ロットで蒸しや揉捻(揉捻;もみ)工程に送っていき,熱をかけて最後の乾燥をさせることで荒茶(あらちゃ)というものに仕上げていきます。荒茶はほぼみなさんがイメージするお茶ですが,茎や葉っぱなどがまだ分別されていません。荒茶の状態までいくと,保存が効くので,生葉がどんどん成長してくる今の季節は,宮ザキ園ではときどき徹夜作業までしながら,とりあえず荒茶まで仕上げて,冷蔵します。そして時間がとれるようになったら,じっくり選別し,煎茶,茎茶などの緑茶にしていくほか,ほうじ茶などにも仕上げていきます。

今年の茶葉の様子を見るため,わ紅茶の試験発酵も行っています。

202005 わ紅茶試験発酵中
202005 わ紅茶試験発酵中

お店では,まだ限定品種だけですが,今年の新茶も販売中です。戸外の満月ステージのわきには,アーモンドが実をつけています。

202005 アーモンドの実
202005 アーモンドの実
202005 満月ステージ
202005 満月ステージ

宮ザキ園におこしいただいたおりには,こうした自然豊かな場所で,心ゆたかな時間をお過ごしいただけます。

このページは次の言語で読めます: ja日本語

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください