宮ザキ園・一匙のおかざきかき氷街道,始まりました

突然雨が強く降り出したり陽が照ったりと目まぐるしい一日でしたが,本日15日,宮ザキ園・一匙のおかざきかき氷街道,無事始まりました。

新商品"麻中の蓬 ヨモギのかき氷"
こちらは新商品”麻中の蓬 ヨモギのかき氷”です。
独特の香りと甘い後味が特徴の個性溢れたかき氷。
是非お試し下さい。

今年はメニューを昨年とちょっと変え,あらたによもぎ味も加わりました。本日の一番人気は「わ紅茶」か味。宮ザキ園はやっぱり「わ紅茶」のイメージが強いのでしょうかね。今シーズンのかき氷の写真を撮っていなかったので,今日,とりあえず撮ってみました。夕方,短時間で撮ったので,ちょっと溶けかかった状態なのはご愛嬌。かき氷機を新調したので,昨年とはまた違った食感がお楽しみいただけます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

そして…

実はおかざきかき氷街道は最近テレビで二回も取り上げていただきました。6月12日のCBCテレビ「チャント!」 全力お助けちゃん コーナーで宮ザキ園のよもぎを使ったかき氷の開発をとりあげていただいたのに続き,本日6月15日午前中は同じくCBCテレビの花咲かタイムズ うなずキングでおかざきかき氷街道を取り上げていただきました。テレビ以外での告知はそれほどできませんでしたが,雨の中,大勢のお客様が来てくださり,一日お店が賑やかでした。

賑やかと言えば,今日はいつも手伝ってくださる皆さんのほか,アメリカから来てくださった農業ボランティア女子1名も加わり,いろんな言葉がとびかっていました。今年は何人か海外からのボランティアを受け入れる予定で,夏の頃までときどき外国人スタッフがお店や茶畑にいます。今日もこれから配達に一緒にきてもらいます。日本の山間地の暮らし,お茶のある暮らしが少しでも伝えられるといいなと思っています。

二番茶の作業もそろそろ終わりです。落ち着いたら今まであまりかけなかったいろいろな取り組みをご紹介していけたらと思っています。お楽しみに!

P.S. 明日のかき氷の提供時間は13時からになります。皆様のご来店,お待ちしています!

新茶の季節が始まりました

2019年の新茶が当地,岡崎・宮崎地区でもようやく始まりました。他の主要産地ではもう作業が始まっていましたが,こちらは中山間地で若干標高が高いこと,そして今年は目が出た頃に霜の被害もあり,例年より若干遅れてのスタートです。ここ何年か,6次産業化の他に海外販路開拓の取り組みもしてきましたが,新茶の季節を前に海外のお客様から引き合いやサンプルの請求が舞い込んでくるようになり,インボイスだのSWIFT記号だの聞き慣れない言葉が宮ザキ園内の連絡用SNSの中で飛び交っています。こんな広々とした山間地の畑の中で作業の合間にニューヨークだとかドバイだとかロンドンだとかとの商談をまとめているというのは数年前の宮ザキ園では考えられないことで,ずいぶん変わったなぁと思います。

もちろん,新茶づくりの準備も着々と進めてきました。機械の具合を確かめるためもあり,先日,夜中に製茶をしてみました。今年も宮ザキ園のお茶は,濃い緑,濃い味と香りの濃厚新茶です。新茶を楽しみにしてくださる皆さんに,間もなくお届けできます。お楽しみに。

宮崎小学校でお茶摘み いよいよ茶摘みシーズンです

茶摘みの季節が今年もやってきました。

宮ザキ園は,地元,宮崎小学校の生徒達とお茶摘みを先日してきました。宮崎小学校の校舎前には,お茶が植わっています。

今年は霜の影響で収量が少なく、萌芽の生育もバラバラですが一生懸命摘み取りました

毎年恒例の行事ですが、久しぶりに聞いた”茶摘み歌”がとても懐かしいです。

お茶づくりの準備中!

いよいよお茶摘みのシーズンです。宮ザキ園がある愛知県岡崎市旧額田町宮崎地区は,製茶工場も間もなくフル稼働の季節に入ります。今年は新茶のシーズンを前に,海外からも引き合いのお声がけをいただき,さぁやるぞと気合を入れています。

2019年の宮ザキ園の茶園は,実は霜害にあって,収穫量が落ちてしまうと見込まれます。ですが,そんな貴重な茶葉を目一杯おいしくいただいてもらうために,製茶の現場の準備に走り回っているところです。

荒茶(あらちゃ)というのは,茶葉を刈り取った後,蒸しや揉みをしてお茶にしあげたものをいいます。一般的な煎茶は,更に選別など仕上げの工程がありますが,荒茶はその一つ手前の状態です。お茶を刈り取った後,茶葉は放っておくとどんどん自己発酵が進んでしまうため,おいしい緑茶に仕上げるにはその日のうち,あるいは翌日の朝までには荒茶の状態にしてしまわなければいけません。大手の事業者さんは,茶葉の刈り取りと荒茶の生産は別々のチームが担っていますが,宮ザキ園は小規模な茶園ですので,午前中から夕方にかけて目一杯刈り取り,夕方から深夜にかけてそれをどんどん荒茶にしていくという作業をしています。

かつては地域総出,家族みんなでやっていましたが,今はここ宮崎地区のお茶農家さんたちがかなり少なくなり,茶畑に見かける人も少なくなってしまいました。宮ザキ園は,一回一回の刈り取り,荒茶づくりを,茶師の篤史が目を光らせながら,自ら手を動かし,また,農業ボランティアさんや,毎年来ていただける協力スタッフのみなさんなどの力もお借りして,全力でこの季節を乗り切ります。もちろん,有機認証のお茶を作っていますので,いろんな記録などもとりながら,丁寧にお茶づくりをすすめていきます。

しばらく,店頭や電話でのお問い合わせなどで不十分な対応しかできないこともあるかもしれませんが,ご了承ください。

おいしい宮ザキ園のお茶を2019年もお楽しみに!

おかざきかき氷街道2019が間もなく始まります

昨年大変ご好評を頂いた,岡崎ぬかた商工会主催のイベント,「おかざきかき氷街道」が2019年も行われます。

今年は2019年4月28日〈日〉から。各参加店のかき氷情報は公式サイトの出店一覧のページのほか,Instagramを活用したSNS,Yooying@o.k.k2018アカウントからも発信されるようです。

宮ザキ園ももちろんかき氷街道に参加します。今年は「一匙」の公式サイトもでき,より多くの皆様にお会いできるかと今からワクワクしています。ぜひ,額田の景色,雰囲気,文化や食を味わいに来てください。

ひとさじ看板と氷

かぶせ作業

昼間は暑く,朝晩は結構冷え込む毎日となりました。皆様お元気でお過ごしでしょうか。

宮ザキ園の茶畑では,いよいよかぶせ作業が始まりました。

写真を見ておやっと思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。まだ新芽が出ていないのに,もうかぶせ作業?

そうなんです。上の写真はまだ新芽が出てない茶畑です。太陽の光を制限し,新芽を育てる事により,渋みがなく旨みが豊富で深い味わいに仕上がります。

つい数日前も、当地岡崎市旧額田町は霜が降りていました。中山間地なので,平地では朝晩冷えるなぁという日は,霜がおりてしまうのです。そして,霜が降りると,せっかく芽吹いてきた新芽が枯れてしまいます。

ですので,これくらいの時期に早めにかぶせを掛けておけば,安心できます。写真ではチャの木から少し離してかぶせてあるのがご覧いただけますが,直被せはもうちょっと後からです。

抜けるような青空の元,宮ザキ園のスタッフは総出でせっせとおいしいお茶づくりのための作業をしています。

本宿の旧代官屋敷に本格イタリアンレストランがオープンします

元号が切り替わる5月1日,本宿の旧代官屋敷にイタリアンレストラン「リストランテ ユギーノ・ユーゴ」がオープンします。ミラノの三ツ星レストランや東京・広尾の「LA BISBOCCIA」等で料理長を務められていた鈴木勇吾オーナーシェフが腕をふるってくださいます。

皆さんご存知でしたか?本宿の陣屋代官は冨田という一族の世襲だったんだそうですが,シンセサイザーで有名な作曲家,冨田勲さんはその冨田家の方です。岡崎は,八丁味噌など食の街というだけでなく,音楽の街でもあるんですね。

旧代官屋敷は名鉄名古屋本線本宿駅から徒歩五分。本宿駅は公共交通機関で宮ザキ園に来ていただくみなさんがよく利用していただく駅です。ご利用の機会がありましたらユギーノ・ユーゴにもぜひお立ち寄りください。宮ザキ園のお茶もメニューにお取り入れ頂く予定です。

そして間もなくお茶の季節

暖かくなったり,急に寒くなったり,春らしい季節ですね。防霜施設がなく自然栽培の宮ザキ園の茶畑は,この時期はお茶の芽が霜にやられないかとヒヤヒヤしながら過ごす季節でもあります。これは10日ほど前の曇りの時の畑の写真です。まだ目は吹きはじめてない感じでしたが, わらびも出てきてる様なのでまもなく茶園で毎日作業をするようになります。また,新芽の季節はあちこちのイベントでお茶の販売をしつつ,雑草取りも始まり,資材の手配も行いつつと,茶園にとっては気ぜわしい季節でもあります。

今年もおいしいお茶づくりに励みます。

 

地元岡崎の二軒

ここで買えます・楽しめます」のページに地元の二店舗さんを追加いたしました。

まずは地元のカフェ 六華亭さん(リンク先は食べログです)。りっかていと読みます。かき氷がとても話題になり,行列ができるお店です。 抹茶を扱っていただいています。

そして,本日11日,新たにオープンした もりねこコーヒーさん。カルジーナの森にあります。抹茶のドリンクを提供していただいています。

道の駅藤川宿×宮ザキ園 コラボのソフト(わ紅茶・バニラミックス)発売開始!

宮ザキ園の三河わ紅茶を丁寧に石臼で挽いて作り上げた,ご当地ソフトクリームが道の駅「藤川宿」で発売されました。しっかりと凝縮されたわ紅茶の風味と味わいを楽しむ事ができます。岡崎・道の駅「藤川宿」でしか食べられない地産地消のソフトです。

藤川宿コラボ商品「わ紅茶」ソフトクリーム

わ紅茶とバニラのミックスもおススメ!です。屋外御幣コーナーで販売中。ご来場の際は是非お試し下さい。