中日農業賞を受賞しました

このたび,宮ザキ園の代表,梅村篤志が,中日新聞社が主催する中日農業賞優秀賞をいただきました。平成最後の年,愛知県内からは唯一の受賞者となりました。嬉しい限りです。受賞のことは,翌日2日の中日新聞朝刊にも掲載していただきました。関係者の皆様,ありがとうございました。

中日農業賞優秀賞表彰状
中日農業賞優秀賞表彰状

中日農業賞は,1940(昭和15)年から,中部9県(愛知、岐阜、三重、静岡、長野、富山、石川、福井、滋賀)で新しい農業と地域振興に取り組む青年農業者などに贈る中日新聞社が創設した歴史のある賞とのことです。現在は高齢化や後継者不足を背景に青年農業者を対象に選定されており,今回が第78回。

宮ザキ園では,かつて全国的な銘茶の産地といわれた地元岡崎市(旧額田町)宮崎地区のお茶産業の復興を図るため,有機無農薬栽培(JAS認証)のお茶づくりや,国産紅茶「わ紅茶」の栽培・加工・販売に取り組んできた他,海外販路開拓にも積極的に挑戦してまいりました。いずれもまだまだ緒についたばかりの長い道程のほんの入口に居る段階ですが,こうして伝統ある賞に選んでいただいたことは大変光栄です。表彰状で,祖父のことに触れていただいたことにも大変感激しています。若輩者ですが,これからも農を通じた山村振興に尽力して参ります。

2019年3月1日第78回中日農業賞贈呈式にて
2019年3月1日第78回中日農業賞贈呈式にて