宮崎小学校でお茶摘み いよいよ茶摘みシーズンです

茶摘みの季節が今年もやってきました。

宮ザキ園は,地元,宮崎小学校の生徒達とお茶摘みを先日してきました。宮崎小学校の校舎前には,お茶が植わっています。

今年は霜の影響で収量が少なく、萌芽の生育もバラバラですが一生懸命摘み取りました

毎年恒例の行事ですが、久しぶりに聞いた”茶摘み歌”がとても懐かしいです。

シンガポールの英文日本食情報誌「Oishii」に紹介されました

シンガポールで発行されている英文日本食情報誌「Oishii」にこのたび宮ザキ園の紹介記事が掲載されました。

記事を翻訳してサイトに掲載する承諾を得たので,宮ザキ園紹介の部分を翻訳して掲載しておきます。

Eat and rest well in the Aichi Highlands – 愛知高原でよく食べて,よく休んで

After a detox holiday in the countryside here, Aichikogen-Okumikawa, you’ll return feeling refreshed and rejuvenated.

ここ,奥三河の愛知高原で休暇をすごせば,すばらしい休養となり,元気をもらえます。

Miyazakien Tea Garden and the Master , Atsushi UMEMURA
Miyazakien Tea Garden and the Master , Atsushi UMEMURA

Location map of Mikawa highlands in Aichi Prefecture in Japan
Location map of Mikawa highlands in Aichi Prefecture in Japan

Meet the Game Changers ゲームチェンジャーに会う

Atsushi Umemura, Miyazakien 宮ザキ園 梅村篤志

This dapper 39-year-old looks nothing like a traditional tea farmer. Not surprising since Umemura, the sixth-generation owner of the Miyazakien tea house that has been around since 1820, wants to modernise the art of tea drinking .

こちらの粋な39歳の男性,伝統的な茶農家のイメージとはかけ離れている。だが,それも当然だ。1820年ごろに創業した宮ザキ園の6代目園主,梅村氏は,茶芸の近代化を目指している。

Atsushi UMEMURA, Miyazakien 宮ザキ園 梅村篤志
Atsushi UMEMURA, Miyazakien 宮ザキ園 梅村篤志
How different is Miyazakien from other tea businesses in Japan? 宮ザキ園は日本国内の他の茶園とどのように違うのか。

We are unusual in how we see through the entire process, from processing the tea to selling the leaves wholesale and even serving tea on our premises. In 2006, we also became the first organic tea farm in Aichi Prefecture.

お茶の加工から茶葉の卸売販売,そして当園でお茶を飲んでいただく喫茶部門(「一匙(ひとさじ)」)の併設まで、私たちはお茶に関わる全過程で他とは違った珍しい取り組みをしています。私達は2006年に愛知県で最初の有機茶の認証農場となりました。

How do you attract new customers? どのように新しい顧客を開拓されていますか?

As a wholesaler, we usually supply our products to businesses elsewhere but I want people to come visit us directly instead. So, on the second level of our teahouse, we conduct experiential workshops like flower arrangement lessons.

お茶の供給業者としては一般的な,事業者様向けの茶の卸売販売もしていますが,最近は特に,当園を直接訪れてくださる方を大切にしたいと考えています。ですので,「一匙(ひとさじ)」の二階で,華道のレッスンのようなお茶の体験ワークショップを開催しています。

How else are you modernising your tea business? その他に変えてきた点は?

As a wholesaler, we can’t really change the style of our tea products too much. So, we try and serve tea in different new ways. For example, we sell houjicha flavoured shaved ice. This attracts long queues of customers, and we can sell about 100 bowls in a day. But with the shaved ice, we serve tea too, so customers can taste it and be encouraged to purchase our tea leaves. We also experiment with different ways of drinking tea: serving green tea in teacups with ice chips or in a wine decanter-inspired bottle and in wine glasses.

お茶の販売業者として,私達はお茶に必要以上に手を加えることをしたくありません。ですので,お茶を変えるのではなく,お茶に親しんでいただく方法を新たに提案しています。例えば,私どもはほうじ茶味のかき氷を販売しています。この商品は大変好評で,一日に百セットほど売れますが,かき氷を食べていただくことで,お客様に当園のお茶に接してもらう機会を作り出しています。かき氷を通じて当園のお茶の味を知ってもらい,茶葉をお買い求めいただくことにつながっています。他にも,お茶の飲み方でいろいろと試しています。例えば,緑茶を氷入りでお出ししたり,ワインデキャンターのようなボトルに詰めたお茶をワイングラスに注いで提供したりしています。

Miyazakien
8 Aino, Ishihara-cho, Okazaki City, Aichi 444-3601
Tel: 0564-83-2710

宮ザキ園
〒444-3601 愛知県岡崎市石原町相野
Tel:0564-83-2710

“おかざきかき氷街道”,2日目が無事終了

“おかざきかき氷街道”,2日目が無事終了しました。
宮ザキ園だけでなく,他の参加事業者さんも,初の試みで混乱しまくったみたい…。関係者の皆様,お疲れ様です。

岡崎の天然水は日本一!氷も超軟水!

皆様,是非また遊びにきて下さい!次回は7/27(金)から29(日)の3日間です。

幸福を招く窓枠

20180209京都正寿院こちらは京都・正寿院さんで開かれた会に参加した際に撮らせていただいた,「幸福を招く窓枠」。ハート型で,とても素敵ですね。

正寿院さんはお茶で有名な宇治にあります。この窓は,客殿の「則天の間」という部屋にあります。ハート型なので,若い人向けの最近できたものかなと思ったら,なんと全く違いました。

この窓は,「猪目窓」というものだそうで,猪目はハート型をした,日本伝統文様の一つだそうです。約1400年前からお寺や神社などの建築装飾としていたるところに使用されているとかで,災いを除き,福を招く意が込められているとのこと。

正寿院さんの猪目窓は,四季によって色が変化し季節の移ろいが楽しめますとのこと。機会があれば,皆様もお楽しみください。