刈り取り作業が進んでいます

20200518 茶畑
20200518 茶畑

茶摘みの季節が当地愛知県・岡崎市にもやってきました。宮ザキ園ではお茶の刈り取りが始まっています。2020年の新茶の販売も少しづつはじめました。

緊急事態宣言の解除もあり,昨日日曜日は久しぶりにお店がにぎわいました。扉をすべて開け,換気を良くしたり,外のテラスやテーブルを活用したりしています。5月の心地よい風が吹いていたこともあり,さわやかな雰囲気でした。

今年も,宮ザキ園は,自園の茶畑から刈り取ったお茶の葉の加工の他に,近所の農家さんや兼業農家さんのお茶の葉加工も行っています。

萎凋していちゅ茶葉
萎凋している在来種の茶葉

こちらの写真は,刈り取った後,日本茶に仕上げていく最初の段階,萎凋しているところです。萎凋とは,揉みの工程での作業をしやすくするために,生葉に含まれている水分を少なくさせるための工程,涼しく暗い場所に広げておいておきます。

202005 荒茶をつめた大海袋
202005 荒茶をつめた大海袋

萎凋が終わった生葉は,小ロットで蒸しや揉捻(揉捻;もみ)工程に送っていき,熱をかけて最後の乾燥をさせることで荒茶(あらちゃ)というものに仕上げていきます。荒茶はほぼみなさんがイメージするお茶ですが,茎や葉っぱなどがまだ分別されていません。荒茶の状態までいくと,保存が効くので,生葉がどんどん成長してくる今の季節は,宮ザキ園ではときどき徹夜作業までしながら,とりあえず荒茶まで仕上げて,冷蔵します。そして時間がとれるようになったら,じっくり選別し,煎茶,茎茶などの緑茶にしていくほか,ほうじ茶などにも仕上げていきます。

今年の茶葉の様子を見るため,わ紅茶の試験発酵も行っています。

202005 わ紅茶試験発酵中
202005 わ紅茶試験発酵中

お店では,まだ限定品種だけですが,今年の新茶も販売中です。戸外の満月ステージのわきには,アーモンドが実をつけています。

202005 アーモンドの実
202005 アーモンドの実
202005 満月ステージ
202005 満月ステージ

宮ザキ園におこしいただいたおりには,こうした自然豊かな場所で,心ゆたかな時間をお過ごしいただけます。

刈り落としの季節

今年もまた新しいお茶の準備の季節がやってきました。愛知県・岡崎市旧額田町の茶畑は,例年通り,大産地の九州宮崎や静岡よりやや遅めの新茶の支度をしています。

スライドショーには JavaScript が必要です。

今,宮ザキ園の茶畑では,まわりで桜が花開き,うぐいすの声が響き渡る,気持ちの良い季節。

刈り落としは,茶樹に残っている古い葉を落とし,新芽が一斉に出るようにするための準備です。収穫の際に古い葉が混じらないようにする意味もあります。

チャの木の枝葉,春になるとぐんぐん伸びます。宮ザキ園の近くでも,これくらい枝葉が伸びているところがあるんです。

もっとも,こちらの茶畑は宮ザキ園とは仕立てや刈り方などいろいろ違うので,どちらがどうというわけではありません。同じ日に同じ地区で同じような日照条件でもこれくらいイメージが違うのをお伝えするために撮影してみました。

こちらはまた宮ザキ園の茶畑。暗幕の準備がしてあります。散髪をしてさっぱりした直後みたいな様子です。

宮ザキ園の場合,落とした葉は肥料として循環させています。刈り落とした葉だけでなく,米ぬかを主体として発酵させた肥料など伝統的な農法で茶樹をじっっくり育てています。化学肥料は使わず,その土地にあるものを使っての農業ですので,持続していけるんですね。

おや,向こうに何かが動いてる…。

米ぬか肥料を施肥していたら,愛犬エースが喜んで食べにきました。犬なのに米ぬか??とちょっと不思議でしたが,まいたそばから美味しそうにほおばり,顔中くっつけています。舌も米ぬかまるけ。

東京や大阪など大都市圏は,感染症対策でこれからしばらくは大変な生活となりそうですね。新茶の季節を前にして例年なら販売のために出歩いている各地のイベントが2月くらいから次々に中止が決まり,当地,中山間地の旧額田町では,お茶づくりを例年通り粛々と進めています。

外に出る機会が減り,3月は,宮ザキ園の経営をどうしていくかを話し合ってきました。葉から淹れるお茶のおいしさをもっと知ってほしい,江戸時代から続く岡崎市・旧額田町のお茶づくりを守りたい。やりたいことはいっぱいある。でも,小さな茶園,少人数でやれることは限りがあります。今年はお茶づくり(葉の収穫から荒茶の生産まで)は従来と変わりなく取り組んできましたが,それとは別に,新たに取り組むことがあります。

アーモンドの花202004

  • 収穫作業など農作業が本格化したら,毎朝・夕のミーティングをしていきます。今まで家族経営で長年お手伝いをしてくださっている方たちとの作業が多く,話をしなくても通じているのではと思っていましたが,農業ボランティアの方など,新しい方に農作業を手伝っていただくことも多くなりましたので,朝,一日の計画を共有し,自主的に動いてもらう,夕方,進捗を把握してみんなで翌日の計画をたてる,この動き方のほうが効率がよさそうです。
  • お茶の新商品を考えています。わ紅茶販売元のイメージが強い宮ザキ園ですが,そこは茶農家。特に宮ザキ園の直営店を訪ねてきてくださるお茶好きのお客様には自家加工で生産している煎茶やほうじ茶も好評です。宮ザキ園では煎茶やほうじ茶の新しい取り組みを,今シーズンのお茶から取り組みます。詳細は後日公表します。
  • 今年もぬかた商工会主導のイベント,おかざきかき氷街道に参加します。宮ザキ園は新茶のバタバタが終わる6月中旬に始めます。こちらも新商品あります。
  • 年単位でもっと宮ザキ園で管理する畑を広げ,宮ザキ園のお茶の供給量を増やしたいと思っています。旧額田町・宮崎地区を中心に,茶畑の管理範囲を拡大していきたいです。耕作放棄地になりかかっている茶畑の管理でお困りの方など,お声がけいただければ幸いです。

例年通り,刈り落としまでに加工機器の一部入れ替えや修理をすませました。店舗も少しずつ手を入れ,姿を替えていっています。茶畑では,刈り落としが終わったらまもなく幕がけをしていきます。新茶を待っている皆様,もうしばらくお待ち下さい。

宮ザキ園の直売店舗店頭風景202004

 

 

 

新茶の季節が始まりました

2019年の新茶が当地,岡崎・宮崎地区でもようやく始まりました。他の主要産地ではもう作業が始まっていましたが,こちらは中山間地で若干標高が高いこと,そして今年は目が出た頃に霜の被害もあり,例年より若干遅れてのスタートです。ここ何年か,6次産業化の他に海外販路開拓の取り組みもしてきましたが,新茶の季節を前に海外のお客様から引き合いやサンプルの請求が舞い込んでくるようになり,インボイスだのSWIFT記号だの聞き慣れない言葉が宮ザキ園内の連絡用SNSの中で飛び交っています。こんな広々とした山間地の畑の中で作業の合間にニューヨークだとかドバイだとかロンドンだとかとの商談をまとめているというのは数年前の宮ザキ園では考えられないことで,ずいぶん変わったなぁと思います。

もちろん,新茶づくりの準備も着々と進めてきました。機械の具合を確かめるためもあり,先日,夜中に製茶をしてみました。今年も宮ザキ園のお茶は,濃い緑,濃い味と香りの濃厚新茶です。新茶を楽しみにしてくださる皆さんに,間もなくお届けできます。お楽しみに。

6/26 蒲郡クラシックホテルのデザートバイキングで新茶をお楽しみいただけます

毎月1回開催されている蒲郡クラシックホテルさんのデザートバイキング,6月は新茶の季節ということで,宮ザキ園の新茶もお出しいただけることになりました。

ご参加方法など詳しくは,蒲郡クラシックホテルさんのデザートバイキングのページを御覧ください。

2018年の新茶〜その4〜

製茶場を持つ茶農家の宮ザキ園では,お茶の刈り取りと新茶の生産が同時期に進行します。八十八夜がすぎる頃から,昼間は朝早くから茶畑で刈り取り,夜は工場で製茶作業をする毎日です。家族やスタッフ,ボランティアの皆さんに助けられ,今年もほぼ順調に,新茶の準備が整いつつあります。

先日お見せしましたが,こちらが2018年の新茶。一芯二葉という,茶摘みのセオリー通りのお茶の葉です。

覆い下栽培茶
2018年5月 覆い下栽培した茶葉

こちらはかぶせ茶のもとになる,覆いの下で育てた茶葉。
どんどん摘んでいきます。普段は機械で収穫していることが多いですが,特別のお茶は,このように手摘みでていねいに摘んでいきます。

茶畑テラスからの景色作業の合間には,茶畑の中にあるテラスで食事をしたり。

2018年5月 新茶をテラスで
2018年5月 新茶をテラスで

そしてこの時期の楽しみは,出来上がったばかりの新茶の試飲。テラスで試飲したりしてます。

摘み取ったお茶の葉は,その日のうちに荒茶にしていきます。そうしないと,お茶の葉がどんどん変化していきますから。

大海袋できた荒茶はこんな大きな袋にいれていきます。袋の名前は大海袋(たいかいぶくろ)。かつて,お茶が日本の主要輸出商品だった頃から使われている名前だそうです。宮ザキ園ではできた荒茶をこの大海袋に入れて保管し,一番茶が一段落した頃から順番に煎茶やほうじ茶に加工していきます。

今年はこんな動画も撮影してみました。

1日10杯限定の,究極の水出し玉露。甘過ぎてお茶の域を超えてます!かれこれ1時間。

宮ザキ園店内2018年春店舗では品種別新茶の試飲もお楽しみいただけますお茶の樹の種類の違いがどんな味の違いになるか,実際に飲み比べていただけますよ。

店舗の改装も間もなく完了です。宮ザキ園にてお待ちしています。

こどもたちと改装中の店舗

2018年の新茶〜その3〜 八十八夜を過ぎて

摘み取ったばかりの生茶。玉露仕立ての被せ香が工場中に広がっています。2018年の八十八夜は5月2日。連休真っ只中ですが,宮ザキ園は毎年この時期は新茶の茶葉の刈り取りと荒茶(あらちゃ)の生産に追われています。

宮ザキ園の茶畑八十八夜は立春から数えて88日目。春から夏に季節が入れ替わり,天候が安定し,霜もおりなくなります。かつてはお米などの種まきの季節だったそうですが,お茶にとっては刈り取りとお茶の生産が始まる季節です。

献上茶など特別のお茶は,手で丁寧に摘み取ります。摘み取った茶葉は,少し自然乾燥させて水分をとばします。茎などが入っていないか,傷ついた茶葉がはいっていないか,人の目でしっかりと点検しながら,荒茶(あらちゃ)に加工していきます。

荒茶というのは,煎茶や抹茶に加工する前のお茶の状態。生葉の茶葉は,そのままにしておくとすぐに酸化して,色も香りも変わってしまいますが,荒茶は生葉を蒸してあり,冷暗所においてあれば品質が保たれます。一般的にみなさんが目にするお茶は,この荒茶をさらに選別したり,火入をしたりして煎茶などさらにお茶の魅力を引き出した状態のものですが,お茶の流通の大部分を占めるのは,かつてはこの荒茶でした。


大海袋自園で煎茶への加工などをするため,宮ザキ園は,この荒茶を大海袋にいれて保管しています。「たいかいぶくろ」と読みます。なぜ大海袋なのか。なんでも日本からのお茶の輸出が盛んな頃から使われている用語らしく,輸出につかわれたのではときいたことがあります。


2017年09月12日,JAS有機加工食品(茶)の認定を受けました。
2017年09月12日,JAS有機加工食品(茶)の認定を受けました。

宮ザキ園では有機無農薬で茶樹を栽培していますが,有機無農薬のお茶と表示するには,茶畑での農作業のみならず,こうした荒茶の生産や煎茶などへの加工を行う工場なども全て有機食品の加工をしっかり管理しているという認証を受けなければなりません。加工には小分け包装も含みます。大きな事業者山と違い,宮ザキ園ではお店で小分けしていますので,お店での小分けも有機食品の加工をしている扱いとなります。

ご来店の際は有機認証を受けた宮ザキ園の荒茶工場も見学できます。近くにお越しの節はお声がけください。

201804店舗改装中-談話コーナー

2018年の新茶〜その2〜

先日,いつもより2週間早く作業が進んでいるとお伝えした,2018年の新茶づくりですが,一昨日,いよいよ開茶式を行いました。

開茶式2018

開茶式は,宮ザキ園が毎年,お茶づくり工場をあけて畑で収穫した茶葉をお茶に加工する前に行う行事です。毎年同じお寺に豊作と工場の安全祈願をやっていただいています。今年は結局,昨年より1週間早い開茶式となりました。

投入機これで,煎茶とお抹茶の加工が本格的に始まります。今年は霜や病害虫の被害も少なく,極上のお茶が提供できるかと思います。

2017年5月 宮ザキ園茶畑の刈り取り風景

 

新茶の季節は,昼間はお茶畑で収穫作業,日が暮れると深夜まで収穫した茶葉の荒茶や煎茶,抹茶への加工作業と,朝から晩まで作業に明け暮れます。とりあえず体調管理だけ滞りなく行い,皆様に美味しいお茶をお届け出来るようがんばります。

201804店舗改装中-店内ちなみに,一番茶は連休明けには仕上がるかと思います。今年の一番茶はつゆひかり、さえみどり、大井早生がオススメです。宮ザキ園の直営店舗では,品種を指定してお茶をお選びいただけます。

皆様,試飲がてら,お寄り下さい。

 

2018年の新茶

一芯ニ葉。贅沢な茶葉です。新茶の季節。気持ちのいい日が続いています。今年も美味しい新茶ができそうです🌱

気温が早く上がったので,今年の新茶は2週間程早く育っています。昨日は一部の畑の幕がけでした。幕がけをすることで,旨味の多いお茶の葉が育ちます。

 

実は4月のはじめには,満月茶会ステージのそばの畑でお茶の木の改植を行いました。この苗が,3年後にはお茶を育んでくれます。

額田では,ゆったりした時間が流れています。

わ紅茶づくり進行中

蒸し暑い日々が続く中,皆様お元気でお過ごしでしょうか。

宮ザキ園では,先日,満月の宵,わ紅茶用の茶葉を収穫しました。

2017年7月11日 満月
2017年7月11日 満月

わ紅茶用の茶葉は,地元,本宮山の麓で育った在来種の茶葉で作ります。宮ザキ園の6代目,篤志が研究を重ね,多くの方の協力を得て完成させた,「わ紅茶」,今年も順調に仕上がってきています。

満月紅茶用の茶葉を発酵させています
満月紅茶用の茶葉を発酵させています

満月の夜に収穫した特別の茶葉を使った「満月紅茶」,9月の茶会でお披露目予定です。

【お知らせ】6/28から西武岡崎店の岡崎うまいもの会に出店します

宮ザキ園出店のお知らせです。来たる6月28日(水)から7月4日(火)まで,西武岡崎店で行われる第2回岡崎うまいもの会に宮ザキ園が出店いたします。

今回は,ほうじ茶詰め放題と,冷やして美味しい「のもと抹茶バターケーキ」が目玉商品です。

また,いつも通り,お茶全般と各種の冷茶の試飲をしながらの販売となります。
場所は,岡崎市戸崎町字外山38-5 西武岡崎店の1階ドンク横特設会場です。どうぞおこしください。