ぬかたわんぱくまつり

来る7月28日(日)は,岡崎市の“わんパーク”で額田の夏祭りが開催されます。

こちらはサップの会場。サップ(SUP = Stand Up Paddleboard;スタンドアップパドルボード)」はボードの上に立ってパドルを漕いで水面を進んでいく新感覚のアクティビティです。水の上で自分のちからで前へ進んでいく。ときにはひっくり返ったりもするけど,大自然の中で存分にからだを動かすことができます。

男川
ぬかたわんぱくまつりではSUPの会場になります。

岡崎の自然を楽しんでください!

宮崎小学校でお茶摘み いよいよ茶摘みシーズンです

茶摘みの季節が今年もやってきました。

宮ザキ園は,地元,宮崎小学校の生徒達とお茶摘みを先日してきました。宮崎小学校の校舎前には,お茶が植わっています。

今年は霜の影響で収量が少なく、萌芽の生育もバラバラですが一生懸命摘み取りました

毎年恒例の行事ですが、久しぶりに聞いた”茶摘み歌”がとても懐かしいです。

おかざきかき氷街道2019が間もなく始まります

昨年大変ご好評を頂いた,岡崎ぬかた商工会主催のイベント,「おかざきかき氷街道」が2019年も行われます。

今年は2019年4月28日〈日〉から。各参加店のかき氷情報は公式サイトの出店一覧のページのほか,Instagramを活用したSNS,Yooying@o.k.k2018アカウントからも発信されるようです。

宮ザキ園ももちろんかき氷街道に参加します。今年は「一匙」の公式サイトもでき,より多くの皆様にお会いできるかと今からワクワクしています。ぜひ,額田の景色,雰囲気,文化や食を味わいに来てください。

ひとさじ看板と氷

本宿の旧代官屋敷に本格イタリアンレストランがオープンします

元号が切り替わる5月1日,本宿の旧代官屋敷にイタリアンレストラン「リストランテ ユギーノ・ユーゴ」がオープンします。ミラノの三ツ星レストランや東京・広尾の「LA BISBOCCIA」等で料理長を務められていた鈴木勇吾オーナーシェフが腕をふるってくださいます。

皆さんご存知でしたか?本宿の陣屋代官は冨田という一族の世襲だったんだそうですが,シンセサイザーで有名な作曲家,冨田勲さんはその冨田家の方です。岡崎は,八丁味噌など食の街というだけでなく,音楽の街でもあるんですね。

旧代官屋敷は名鉄名古屋本線本宿駅から徒歩五分。本宿駅は公共交通機関で宮ザキ園に来ていただくみなさんがよく利用していただく駅です。ご利用の機会がありましたらユギーノ・ユーゴにもぜひお立ち寄りください。宮ザキ園のお茶もメニューにお取り入れ頂く予定です。

地元岡崎の二軒

ここで買えます・楽しめます」のページに地元の二店舗さんを追加いたしました。

まずは地元のカフェ 六華亭さん(リンク先は食べログです)。りっかていと読みます。かき氷がとても話題になり,行列ができるお店です。 抹茶を扱っていただいています。

そして,本日11日,新たにオープンした もりねこコーヒーさん。カルジーナの森にあります。抹茶のドリンクを提供していただいています。

道の駅藤川宿×宮ザキ園 コラボのソフト(わ紅茶・バニラミックス)発売開始!

宮ザキ園の三河わ紅茶を丁寧に石臼で挽いて作り上げた,ご当地ソフトクリームが道の駅「藤川宿」で発売されました。しっかりと凝縮されたわ紅茶の風味と味わいを楽しむ事ができます。岡崎・道の駅「藤川宿」でしか食べられない地産地消のソフトです。

藤川宿コラボ商品「わ紅茶」ソフトクリーム

わ紅茶とバニラのミックスもおススメ!です。屋外御幣コーナーで販売中。ご来場の際は是非お試し下さい。

3/15より道の駅藤川宿で三河わ紅茶のソフトクリーム販売

ご当地ソフトクリームが新発売です。

3月15日から,愛知県・岡崎市内にある道の駅「藤川宿」にて宮ザキ園の「三河わ紅茶」を使用したソフトクリームが販売されます。

わ紅茶を丁寧に石臼で挽き,微粉砕した粉をクリームに混ぜ込んだ,ここでしか味わう事の出来ないソフトクリームになっています。

ご来場の際は是非お試し下さい

岡崎市政だよりに掲載された三河わ紅茶ソフトクリーム
岡崎市政だよりに掲載された三河わ紅茶ソフトクリーム

中日農業賞を受賞しました

このたび,宮ザキ園の代表,梅村篤志が,中日新聞社が主催する中日農業賞優秀賞をいただきました。平成最後の年,愛知県内からは唯一の受賞者となりました。嬉しい限りです。受賞のことは,翌日2日の中日新聞朝刊にも掲載していただきました。関係者の皆様,ありがとうございました。

中日農業賞優秀賞表彰状
中日農業賞優秀賞表彰状

中日農業賞は,1940(昭和15)年から,中部9県(愛知、岐阜、三重、静岡、長野、富山、石川、福井、滋賀)で新しい農業と地域振興に取り組む青年農業者などに贈る中日新聞社が創設した歴史のある賞とのことです。現在は高齢化や後継者不足を背景に青年農業者を対象に選定されており,今回が第78回。

宮ザキ園では,かつて全国的な銘茶の産地といわれた地元岡崎市(旧額田町)宮崎地区のお茶産業の復興を図るため,有機無農薬栽培(JAS認証)のお茶づくりや,国産紅茶「わ紅茶」の栽培・加工・販売に取り組んできた他,海外販路開拓にも積極的に挑戦してまいりました。いずれもまだまだ緒についたばかりの長い道程のほんの入口に居る段階ですが,こうして伝統ある賞に選んでいただいたことは大変光栄です。表彰状で,祖父のことに触れていただいたことにも大変感激しています。若輩者ですが,これからも農を通じた山村振興に尽力して参ります。

2019年3月1日第78回中日農業賞贈呈式にて
2019年3月1日第78回中日農業賞贈呈式にて

ぬかたふるさとまつりに出店します

明日11月18日(日),毎年恒例の「ぬかたふるさとまつり」が開催されます。

宮ザキ園では、いつもの単品お茶葉の商品と,50袋限定500円
大特価!!有機煎茶詰め放題🍵  をやります。

一匙  揚げ団子とほうじ茶セット
価格は500円です。

告知が遅くなりましたが,皆様秋の一日,ぜひ額田におこしください。宜しくお願い致します。

開催日時: 2018(H30年)11月18日(日) 午前8時30分~午後3時30分
開催場所:岡崎市豊富小学校運動場 (昨年と同じ場所です。)
(駐車場:額田中学校運動場、JA育苗センター、JA額田支店)
目  的:額田地域の文化と産業の振興に寄与する
主  催:ぬかたふるさとまつり実行委員会
後  援:岡崎市 ・ 中日新聞社 ・ 岡崎法人会 ・ ミクスネットワーク(株)

以上

8/15から西武岡崎で三河職人セブンコラボ企画「和田アキ子展」です

先日,西武新宿で開催された三河職人セブンと和田アキ子さんのコラボレーション企画,ご好評のため,8/15から西武岡崎店でも開催されます。本日,朝日新聞のオンライン版にも紹介記事が掲載されました。

もちろん宮ザキ園のわだアッ紅茶ならぬ満月和紅茶も出品します。お近くにお越しの節は是非会場にお立ち寄りください。

201804西武渋谷店にてガラス張り展示されている宮ザキ園の「満月和紅茶」
201804西武渋谷店にてガラス張り展示されている宮ザキ園の「満月和紅茶」

和田アキ子デビュー50周年企画 三河職人セブン×
「和田アキ子展」 in OKAZAKI

■会期:2018年8月15日(水)~20日(月)
■会場:西武岡崎店 1階=特設会場